お客様情報を持ち続けることが価値を生む時代に
アフターマーケットをチャンスにする『ハイアス家価値サポート』

(ページ:1/5)

ストック重視にシフトする住宅市場

情報を持ち、情報を活かすことが住宅企業の生き残りに不可欠な時代へ

今回の国会で国土交通省から提出されている法律案、例えば住宅宿泊事業法案、不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案、住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案などにはある傾向があります。それは「住宅ストック」を生かすための環境整備ということです。また、すでに成立した宅建業法の改正でも、既存建物現況調査のあっせんが義務化されたニュースはご存知のことだと思います。これも住宅ストックを生かすための整備の一環です。

このように、これからの住宅不動産市場では、すでに世の中に存在する住宅ストックを生かすという方針が明示されています。それを受けて、住宅不動産事業者にとって最も重要なことは「情報」を持ち続けるということです。例えば、民泊事業や投資対象として空き家の活用をするにあたっても、建築図面はもちろん修繕の履歴などがないことで投資対象として評価が得られないとか、必要な改修のための工事がスムーズに進まないといったことも想定されます。裏を返せば、図面情報や修繕履歴情報をきちんと残しておくことで、仮に自宅として使わなくなった場合でもほかの用途に転用しやすくなるということであり、つまり本当の意味で「資産価値の高い住宅」となるということを意味します。

page: p1 p2 p3 p4 p5

ページトップに戻る