成功企業に学ぶ 戸建賃貸住宅受注は「不動産(土地)活用提案」と
「資金付けの段取り」で獲得できる!

(ページ:1/3)

賃貸住宅建設は節税提案だけじゃない
「不動産投資(土地活用)」 の提案からも獲得できる

従来の賃貸住宅建設は、顧客として「地域の地主」、顧客のニーズには「資産承継」と「相続税や固定資産税の節税対策」を想定した市場でした。このような「節税市場」は急にはなくならないとは思いますが、空室発生のリスクや修繕などに必要な費用やローン返済などの資金計画について想定と違ったときのトラブルが表面化したのが、いわゆるサブリース問題です。こうした問題の背景には、本来、賃貸経営は事業であり、立地や需要などを考慮して長期にわたって綿密な資金計画を含めて計画、着実に実行するべきものであるはずなのに、その「計画提案」がきちんと行われていないことがあげられます。

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る