不動産業界に残された、ブルーオーシャン市場

オーナー向け不動産相続セミナーが超活況!

下の写真は弊社主催の不動産コンサルティングアドバイザーの集まりである「ハイアークラブ」に入会されている会員様が開催されたオーナー向け相続セミナーの様子です。

こちらは不動産管理会社の顧客である物件オーナー様を中心に集客され100 名を超えるオーナー様がご来場されたと聞いております。ハイアークラブ加盟企業の皆様は同様のセミナーを日本全国で開催しており、講師の先生は8月まで予定が埋まっている状況であります。

セミナーを開催した主催者からは「セミナーから○件管理が取れた」「新たに売却の受託ができた」などのお声を頂いております。ご参加されたオーナー様からも「今までの不安を相談できる相手が見つかった」というお声を頂き、不動産相続をテーマにした勉強会の反響の大きさを感じております。

大手アパートメーカーもこうしたイベントを行っており賃貸住宅市場は活況を呈しています。事実、先般発表された決算でも大東建託のトップ自ら「相続税増税に対するオーナーの意識の高まりが、追い風になっており、受注高につながった」とコメントされています。また賃貸住宅新聞では自社開催の相続セミナーにてオーナーとの関係強化に成功していると福岡県の三好不動産様の状況を掲載しておりました。同社社長も「今まではオーナーが専門家と呼ばれる税理士や弁護士などに節税対策や相続問題について相談していた。しかしこれからは管理会社がその問題を解決するようになります。」と述べられており、不動産管理会社の業務内容も変遷してきていることが伺えます。さらにそのような変遷を経て、営業力を強化した会社が大きな成果を得ていることが見て取れます。

成長市場を見据えて動く不動産会社

こうした市場変化をとらえようと弊社主催のセミナーへ4月だけでも延べ200社を上回る不動産会社様に、ご参加を頂いております。

勉強会へご参加いただいた方へのアンケートでは「即この手法を活用したい」「自分たちもエンド向け相続セミナーを開催したい」という声を数多く頂きました。弊社も長くセミナーを開催しておりますが、予想を大きく上回る反響を頂き、正直驚いているところです。また「動くなら今」という方が過半数を占めており、「ゆくゆく取り組みたい」という方を大きく上回っております。多くの皆様が口をそろえて言われるのは「魅力的な市場だが上手な取り組み方がわからない」というものでありました。

ページ 1 2

2013年7月17日 水曜日 14:18 投稿者:swat01
カテゴリ:,

ページトップに戻る