2018年5月

マンションの修繕が計画通りに進まない理由とは?

今回はマンションで暮らす上での注意点についてです。

 

■マンションの修繕が計画通りに進まない?

今や日本全国に当たり前にある分譲マンションですが、日本でのその歴史はまだ50年ほどしかありません。かなり老朽化してきているマンションも増えている中、様々な問題が出てきているようです。
↓↓↓

<マンション修繕 目立つ誤算  積立金増額、早めに対策を>
(2018年5月19日付 日本経済新聞)
『マンションで暮らす人が避けて通れないのが修繕工事だ。屋上や外壁などを直す工事は十数年ごとに必要となり大きな出費となる。ここ数年は工事費の相場高騰などから、住民が月々払う修繕積立金だけでは費用を賄えないケースが増えてきた。修繕の計画や積立金の状況を把握し、早めに対策を考える必要がある。』

日本の分譲マンションのストックは633.5万戸(平成28年末時点)です。その内築30年を超えるもの(昭和62年以前に建築)は172.7万戸。およそ3割近くも存在します。
マンションは構造躯体の耐用年数が長く、適切なタイミングで丁寧に修繕を重ねていけば50年を超えても住居として十分機能すると言われています。しかし、その計画的な修繕がなかなか行われていないという記事です。これはマンションで暮らすすべての人たちが注意すべき点と言ってもいいですね。

(さらに…)

2018年5月22日 火曜日 15:20 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

訪日外国人、急増中!2017年は前年比19%増の2,869万人

今回は訪日外国人と観光についてです。
外国人旅行者の方たち、増えましたよね。日本にとって非常に良いことです。さて、もっと増やしていくためにはどうすればよいでしょう?

 

■訪日外国人、間もなく3,000人突破か!?

私は仕事がら全国のビジネスホテルをよく利用します。特に東京が多いのですが、近ごろホテルの価格が上がっているとともに予約も取りにくくなりましたよね。
要因のひとつがこちらです。歓迎すべきことではありますが、課題もあります。
↓↓↓

<訪日外国人目標は「20年に4,000万人」 >
(2018年4月2日付 日本経済新聞)
『日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人の数は16年比19%増の2,869万人だった。5年前に比べ3.4倍に増えた。ビザ要件の緩和や円安に伴い、アジアを中心に訪日旅行需要が拡大した。18年1~2月も前年同期比15%増と勢いは続いている。』

2017年に日本にやってきた外国人の数が2,869万人だったとのこと。2018年には3,000万人超えは間違いないでしょうね。
それにしても凄い勢いで増えていますね。日本が観光に力を入れ始めて、2013年に年間1,000万人を突破しました。それからわずか4年で3,000万人に迫るくらいまで増えたわけです。年間500万人レベルから2013年に1,000万人を超えるまでおよそ10年かかったことを考えますと、この間の伸びは凄まじいの一言です。

そこで観光庁ホームページの統計をいろいろ見てみました。
統計によりますと、外国人旅行客が増えたと言っても世界的に見るとまだまだで、日本は世界16位です。
1位のフランスは8,260万人。アジアでトップのタイは3,258万人です。アジアトップのタイまであと少しですね。
日本政府は訪日外国人の数を20年に4,000万人、30年に6,000万人まで伸ばすとしています。
多くの観光資源がありながら、「観光後進国」と言われてきた日本ですが、今後人口が減っていき、多くの内需も見込めない中、観光が主要産業になっていくのは喜ばしいことですよね。私も頑張っていきたいものです(何の力もありませんが)。

(さらに…)

2018年5月8日 火曜日 16:56 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る