2019年5月

GDP年率換算2.1%のプラス成長、でも日本経済は大丈夫?

今回はGDPの速報値からみる日本の経済状況についてです。
さて、日本の今の経済状況はどうなっているのでしょう。

 

■GDP年率換算2.1%のプラス成長、でも日本経済は大丈夫?

昨日(2019年5月20日)朝、2019年1月~3月期の国内総生産(GDP)の速報値が発表されましたね。
事前の予想を覆す発表に驚きが集まったのですが・・・。
↓↓↓

<1~3月GDP、年率2.1%増 個人消費は0.1%減>
(2019年5月20日付 日本経済新聞)
『内閣府が20日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.5%増、年率換算では2.1%増だった。2四半期連続のプラス成長となった。10~12月期は年率換算で1.6%増だった。住宅投資や公共投資の増加がプラス成長に寄与した。QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.1%減で、年率では0.3%減だった。』

最後に書いてあるように、事前の民間エコノミストたちの予測は-0.1~-0.5%程度のマイナス成長でしたので、前期比0.5%増、年率換算2.1%増というのは予想外の数値でした。

前年からの米中貿易摩擦の影響からか、上場企業の2019年3月期決算発表では輸出企業を中心に減益決算ばかりでした。上場している製造業全体では前年対比平均8%程度の純利益マイナスでした。
また、このGDP発表に先立って2019年5月13日に内閣府が発表した景気の基調判断では、6年ぶりに「悪化」と発表されてもいました。

「これは景気悪くなっているなぁ」と誰もが思っていたと思います。

この結果を受けて、茂木敏充経済財政相は「内需の増加傾向は崩れていない」と発表しました。

これで一部から延期論も出ていた2019年10月の消費税の10%への増税はほぼ確定しましたね。
菅官房長官も、「消費税は予定通り引き上げる」と発表しました。

しかし、本当に日本経済は大丈夫なのでしょうか?

(さらに…)

2019年5月21日 火曜日 14:11 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

空き家が増えるから持ち家は持たなくてもいい?

祝、令和元年!新たな気持ちで頑張ってまいりましょう。

 

■空き家が増えるから持ち家は持たなくてもいい?

平成から令和になりました。先の読めない現代ではありますが、令和の時代にも確実に起きることと言えば、社会が高齢化すること、人口が減っていくこと、それに伴って空き家が増えていくことなどでしょうね。
さて、そんな中、これから家を買おうかどうしようかと思っている年代のみなさんは住まいについてどう考えたらよいのでしょう?
5年に一度発表される「住宅・土地統計調査」の平成30年度分を見ながら考えてみたいと思います。
↓↓↓

<空き家率最高13.6% 高水準の都市部も>
(2019年4月27日付 日本経済新聞)
『総務省が26日発表した2018年10月時点の住宅・土地統計調査によると、国内の住宅総数に占める空き家の割合は過去最高の13.6%だった。地方を中心に人口減少などで空き家が増え、戸数も最多の846万戸に上った。東京や大阪などでも空き家率は1割を超えており、再開発に影を落としている地域もある。』

全国の空き家総数が846万戸となったそうです。5年前より26万戸増え、空き家率は過去最高の13.6%になりました。一方、住宅総数は6,242万戸となり、5年前から179万戸も増えました。過去最多を更新しました。

一瞬、「ん?」と不思議に思われるかもしれませんね。
日本は人口が減少しているのですよね。平成25年からの5年間で、1億2,723万人から1億2,624万人と約100万人減少しています。でも、住戸は179万戸も増えたのです。
人口が減っているのに住戸が増えたら、それは空き家も増えるでしょう。
空き家の増加が26万戸というのは増え方が少ないくらいにも見えますね。

こういう結果を受けて、「人口が減って空き家がいっぱい増えているにも関わらず新築を建て続けている住宅・不動産業者が悪いのだ。」というような論調をよく見かけます。
また、「これから家が余ってくる時代にあえて新築・持家など建てなくてもいい。安い家がいっぱい市場にあふれるし、安く借りられるようにもなるだろうから賃貸で十分。」という賃貸派の意見が勢いづいたりしています。

さて、どうなのでしょうね?

(さらに…)

2019年5月8日 水曜日 13:32 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る