新商品/楽楽館モデルハウス見学会

新商品である楽楽館(私的年金形成型賃貸併用住宅)のモデルハウス第1号が完成し、昨日、一昨日と見学会を開催することができました。

モデルハウス所在地は、草加市長栄町で、楽楽館共同開発企業であるリアルウッドにより建築いただきました。

私自身は昨日(29日)に、見学会会場を訪れ、その様子を確認しました。

特に大都市では希少価値のあるメゾネット型ガレージハウスで、これなら、入居率も高く維持できると、実物を見て確信しました。

また、施主様にとっては、実質ローン0円で、これだけの建物を建築し、自分自身も住むことができるので、たいへん画期的なことだと思いますし、何と言っても、ローン期間が終わった老後には収入を産む(月20万以上)ため、公的年金が崩壊している今の日本の社会で大いに求められるものだと思います。

持っている資産は「わずかな土地だけ」という方は世の中にたくさんいらっしゃると思います。

その唯一の資産である土地に、小家族にとって必要以上に大きな建物(自宅)を建てるのではなく、自分も住みつつ、その小さな土地がきちんとした老後の収益を生むという仕組みは「賢い住宅取得方法」として、今後多くの方に受け入れられることだと思います。

見学会に来場いただいた大半の方が、そのような実感を持っていただけたたようで、注文住宅が先細りの中、大きな建築ブームを巻き起こす予感がしました。

2006年10月30日 月曜日 17:33 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
カテゴリ:,

ページトップに戻る