不動産の価値を下げない新地盤改良工法

一昨日、愛媛県堀田建設さんより、地盤改良の見学会に招待されました。

私自身前職時、地盤改良事業に関与してきましたが、
その当時の皆様方が、20名以上集まっていらっしゃいました。

懐かしい皆様からたいへん暖かく迎えていただき、
たいへん感謝すると同時に、感動的な瞬間でした。

地盤改良の従来工法には、発がん性物質六価クロムの問題や、
改良工事をしたことによって施主所有の不動産価値が下落するという
問題点がありますが、それに変わる技術として、
数年前から新技術の推進をしていらっしゃる皆様です。

ただ、その当時の工法は、水を使うことによって、
その処理費が膨らみ、更に施工生産性も悪化し、
コスト面での課題がクリアーできていませんでした。

この2、3年の間に、堀田建設さんをはじめ、この日集まられた
多くの会社の方が、苦労に苦労を重ね、努力をされてきた結果として、
今日の日が来たことと思います。

この取り組みには、たいへん頭が下がる思いです。

施工を見させていただきびっくりしましたが、当時の課題は完全にクリアーされており、
コストは半分近くで、施工スピードも倍という驚くべきものに仕上がっていました。

早速、堀田建設さんから、コラボレーションの話をいただきましたので、
お互いの役割分担などをまとめ、この工法を世に広めるお手伝いをしたいと思います。

土地を持たれている方にとっては、従来の工法と同程度の価格で、
不動産価値をが下落するリスクのない地盤改良工法が提供されることになるので、
この工法の社会的価値はたいへん高いと考えることができます。

2007年3月22日 木曜日 18:17 投稿者:admin
カテゴリ:,

ページトップに戻る