やはり成長事業を持つことが重要

HyAS&Co.設立から、3年半が経とうとしていますが、
ここへ来て、企業経営の難しさを感じる日々が続いています。

個人的に、営業部門の業績に関しての責任はもちろんですが、
上場の準備に関するコンプライアンス的なことや
その他法務的な対応や事業権等の基盤固めなど、
企業経営において重要なことは本当に様々あります。

日々起こったことによって、いろいろ思考を巡らせることはありますが、
とは言っても、結局最後は基本に戻ってくるもので、
会社を存続・発展させていくためには、
「成長事業を最低1つは持つ」ということが会社の基本であり、
経営者が最も注力しなければならないことだと思います。

HyAS&Co.自身もそうですが、問い合わせを頂く皆様方に、
引き続き、成長事業のご提供が継続できるよう努めていきたいと思います。

2008年9月23日 火曜日 22:14 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
カテゴリ:

ページトップに戻る