土木会社の代替わり

昨日のHySPEED見聞会は、若い経営幹部の方に参加いただきました。

代替わり前の社長が後継者のために、現状の公共工事依存の経営体質では先がないので、
息子さんの代に備えて、様々な準備をされるケースもありますが、
ダイレクトに、今日のように継承直後の社長や直前の経営幹部の方がお見えになることも、
最近はよくあるように思います。

共通して言えることは、若い経営者は意思決定が早いということです。
収拾すべき情報をどこからどのように仕入れ(この時、私達を大いに利用していただくわけですが)、
明確な戦略観のもとに、はっきりとした意思決定をされます。

構造不況の厳しい業界でも、成長市場はあるわけなので、
一般論ですが、いかに、早期にその成長市場の波に乗る形を作ることができるかどうかが、
先々の中期的な経営における勝負どころになります。

いつも思いますが、導入後に、一生懸命やっていただけそうな経営者の方には、
いつも以上に、私達の提案する事業に取り組んでいただきたいと強く思います。

2008年12月19日 金曜日 21:39 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
カテゴリ:,

ページトップに戻る