R+houseベンチマーク研修

2月~5月の期間で開催している新規入会の会員さん向けのベンチマーク研修の2回目。
2ヵ月目にして、プラン申し込みが4件入っており、今月はさらに多くのプラン申し込みが入りそうな勢いである。

R+houseベンチマーク研修

昨年後半に開発された新ツールの「打ち合わせ記録書」の使い方が良い。
お客さんとの打ち合わせにおいて、複写式となっているこのツールを使うことで、誰でも、R+houseの営業を正しく行えるような書式になっている。
開発時に私たちは「大リーグボール養成ギブス」と呼んでいたが、その通りの効果を発揮しているようである。

ハードルとR+houseのフレーミング項目のチェックをしながら、案件攻略の作戦を検討するオープンボードの使いた方もしっかりしている会社が多い。
やはり、細部に存在するノウハウを忠実に活用することが最大のポイント。

R+houseは他社に対して大きく差別化を図ることができる商品であり、また、それをしっかり説明するためのツールが揃っているので、的確に使っていただくことで大きな成果が出るはずである。
こういう場面で、より深く確信をさせていただくことができ、元気が出る。

2011年3月9日 水曜日 21:58 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
カテゴリ:,

ページトップに戻る