資産価値の高い家づくり本出版準備開始

来年の2月に向けて、HyAS&Co.として、「資産価値の高い家づくり22の知識」と題する書籍をリリースすることが本格的に決まり、早速今日から原稿作成の打ち合わせが本格的に開始となる。

日本の住宅の資産価値は、先進国の中では最低の水準であり、これを正す必要がある。
原因はいろいろあるが、消費者が勉強不足であること、あるいは学習する機会が十分に与えられていないなどが考えられる。業界の各企業も、それを良いことに、品質が低い住宅を安い値段設定で販売している。イニシャルコストこそ少なく見えるが、実は、イニシャルコストにおける500万程度であれば、メンテナンス費用、光熱費などで、簡単に高性能住宅に逆転されてしまうという事実が本当はある。

一般の消費者が、資産価値の低い住宅を買わされてしまうことがこれにより、少しでも防ぐことができればという思いで、できるだけ早く完成させたい。

2011年11月7日 月曜日 12:49 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
カテゴリ:,

ページトップに戻る