日本の若者の意識は低い?日本はそんなにダメなのか?

今回は日本の若者の意識について、です。

■日本の若者の意識は?

平成28年7月10日の参議院議員選挙から18歳から投票できるようになりますね。これからの日本を支える若者の声が国政に反映されるようになるのは、基本的に良いことだと思います。

しかし、「今の日本の若者の意識はとても低い」という記事を見ました…。

内閣府の「今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~」という調査の結果です。

(内閣府「平成26年版 子ども・若者白書」 http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/tokushu.html )

それを見て私はちょっと驚きました。

例えば、自分の将来への希望についてです。

<将来への希望について>
Q:「自分の将来について明るい希望を持っていますか?」
(希望がある、どちらかといえば希望があると答えた合計)

  • アメリカ 91.1%
  • スウェーデン 90.8%
  • イギリス 89.8%
  • 韓国 86.4%
  • フランス 83.3%
  • ドイツ 82.4%
  • 日本 61.6%
  • 「自分の将来への明るい希望」については、
    日本は7か国で最低の61.6%です。
    アメリカの91.1%をトップとして他の6か国では8割以上の若者が将来に対してポジティブなのに対して、日本の若者は6割にとどまっています。

    それ以外にも日本が最下位だった質問項目がいくつもありました。

    • ・自分自身に満足している :
        日本45.8%(他6か国71%~86%)
    • ・自分には長所がある :
        日本68.9%(他6か国73%~93%)
    • ・家族といるときの充実感 :
        日本67.3%(他6か国72%~84%)
    • ・友人関係の満足度 :
        日本64.0%(他6か国70%~80%)
    • ・職場の満足度 :
        日本46.1%(他6か国55%~79%)
    • ・うまくいくかわからないことにも意欲的に取り組む :
        日本52.2%(他6か国66%~86%)
    • ・自分の参加により社会現象が変えられるかもしれない :
        日本30.2%(他6か国39%~52%)
    • ・40歳になったとき幸せになっている :
        日本66.2%(他6か国82%~86%)

    逆に日本がトップだった質問項目は以下のとおり。

    • ・つまらない、やる気が出ないと感じたこと :
        日本76.9% (他6か国 44%~64%)
    • ・ゆううつだと感じたこと :
        日本77.9% (他6か国 41%~63%)
    • ・自国のために役立つと思うようなことをしたい :
        日本54.5% (他6か国 40%~53%)

    相対的にですが、日本の若者は諸外国の若者に比べてネガティブというか控えめというか、自分に対しても家族や学校や職場に対しても、いろんなことに満足していません。
    最後の「国に対する貢献意欲」が高いのは嬉しく思いますが、あとは見ていてちょっと暗い気持ちになる結果です。

    ■「働くことの不安」のトップ2は?

    働いている人も不安なことが多いようです。

    <働くことに関する現在と将来の不安>
    第1位:十分な収入が得られるか : 78.0%
    第2位:老後の年金はどうなるか  : 77.6%

    何が不安かというと、「収入」と「老後の年金」です。
    シニア世代へのアンケートではありませんよ。29歳以下の若者たちです。

    収入についてはいくら心配しても誰かが何とかしてくれるものではありませんから、自分で何とかするしかありません。老後の年金は確かに心配かもしれませんが、彼らにとってはまだまだずっと先のこと。
    年金制度の継続性が心配なら若い内から自分で貯蓄や個人年金積立でもやればよいのでは、と思います。

    40代の私のような者がこういうことを言うと、「恵まれた時代にいたあなたたちとは違うんだ!」、「頑張っても収入は上がらないし、ましてや貯蓄なんてする余裕はない!」と反論されるかもしれませんね。
    ただ、そういう厳しい時代にいるからこそ、もう少し前向きに、「自分で何とかするぞ!」というポジティブな気持ちがあった方がいいのではないかと思います。

    ■日本はそんなにダメなのか?

    自分や社会環境に満足できず、なんというか閉塞感のようなものを若い人が感じているのは私たち大人にも責任があるでしょう。
    そもそも、新聞もテレビも本なども「日本はダメだ、ダメだ」と言い過ぎなんじゃないか、と思います。

    例えば、
    ・「一人当たりのGDPは下落し続けている」
    ・「平均給与は下がり続けている」
    ・「貯蓄率が低下している」

    よく日本がダメになっていることとして報道されるこれらのことは確かに事実です。
    しかし、だからといって日本はもう稼げない国で、給料は減る一方で、貯蓄すら出来ない、というわけではありません。

    一人当たりのGDPが減っているのは、GDPがほぼ横ばいの中、労働人口が減っているからです。
    平均給与が下がっているのは給与が高いベテラン社員が大量に定年退職しているからだし、貯蓄率が低下しているのも可処分所得が少ない高齢者が増加しているからです。
    つまり、どれも高齢化要因が強いわけです。
    日本が国としてダメになったわけではなく、高齢化と少子化が同時にすごいスピードで進行して社会構造が劇的に変化している真っただ中にいるだけです。
    これまでのやり方や仕組みが通用しないこともあるかもしれませんが、新しいやり方や仕組みも生まれています。
    そんな中で、今の日本でも稼いでいる企業は山のように存在します。高額所得者も増えています。

    日本は世界一の高齢化先進国ですから、日本の高齢者市場のビジネスで成功したりしたら、今後高齢化していく世界の国々でビジネスが展開できるかもしれません。
    ある意味チャンスですよね。

    ■まずは自分を認めることから

    この内閣府の調査の「まとめ」によると、「将来に明るい希望を持てるかどうかは、自分自身を肯定的に捉えられているかが関係している」とあります。

    「自分に満足している」という人で
    「将来への希望がある」と答えた人は83.1%。
    「自分に満足していない」という人で
    「将来への希望がある」と答えた人は43.5%

    つまり、将来に希望を持つには、まずは「自分を認めること」から、ということでしょうか。

    日本人は謙虚で控え目で心配性です。
    それは美しくもありますが、世の中をたくましく生き抜いていくためにはもっと根拠なき自信が大事だったりします。

    自分と自分を取り巻く環境を見つめ、ポジティブに行動を考える。
    世の中に関心を持ち、積極的に働きかける。
    そうして形成される自分のオピニオンを大事にして、一生懸命に働く。

    若者の皆さん、ぜひとも自分に、そして日本に自信を持ってください。
    そして、選挙にも行って皆の声を届けましょう。

    今回は以上です。
    次回もお楽しみに。

    2016年6月21日 火曜日 17:35 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志
    カテゴリ:

    ページトップに戻る