「今の生活に満足」が過去最高の73.9% これは諦めの哲学なのか?

今回は「国民生活に関する世論調査」からです。
さて、あなたは今の生活に「満足していますか?」

 

■「今の生活に満足」が過去最高の73.9%。これは諦めの哲学?

日本経済新聞の人気コラムである『大機小機』。私も必ず読んでいますが、そこで興味深い話がありました。
さて、皆さんはどう思われますか?
↓↓↓

<満足していますか? 「大機小機」>
(2017年9月8日付 日本経済新聞)
『世の中なにかと暗いニュースが多い中、8月26日に内閣府が公表した「国民生活に関する世論調査」の結果は、おやっと思わせる内容だった。(中略)
「あなたは、全体として現在の生活にどの程度満足していますか?」という質問に対して、「満足」と「まあ満足」を合わせた人の割合はなんと73.9%。過去54年間で最高の「満足度」を記録したのである。(中略)
これは一体どういうことなのだろうか。
先進国ではまれと言っていいほど賃金が上がらず、非正規雇用は4割に達しようとし、格差が広がり、社会保障の将来は不安であり、20年デフレが止まらず、さらに近隣からミサイルまで飛んでくる。
それでも4分の3の人は現在の生活に満足しているのだ。なぜだろう?」

日本国民のおよそ4分の3が現在の生活に満足しています。しかもこれは過去最高の水準とのこと。
こんな不安定で先行き不透明な時代にも関わらず皆が満足しているのはなぜなのか、と疑問を呈しておられます。

そして、「大機小機」氏はコラムの結びとしてこのように心配されています。
『「満足」は目標や願望と現実のギャップに依存する。過去十数年の上昇は、現実が良くなったのではなく、目標を下げたからだとしたらどうだろうか。日本人はついに「諦めの哲学」を身につけたということかもしれない。』

(さらに…)

2017年9月19日 火曜日 14:36 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

金融庁検査局が廃止!検査局が金融機関にもたらした功罪とは?

今回は、「金融庁検査局廃止」についてです。
検査局が日本の金融機関にもたらしたものとは何だったのでしょうね。

 

■あの「金融庁検査局」が廃止!

あの、ドラマ「半沢直樹」で銀行の敵役として出てきていた「金融監督庁検査局」。
その検査局が廃止になるようですよ。
↓↓↓

<金融庁、検査局を廃止へ 金融危機からの体制を転換>
(2017年8月22日付 朝日新聞)
『金融庁は来夏に大幅な組織再編を行う方針を固めた。金融機関の不良債権を厳しくチェックしてきた検査局を廃止し、監督局に統合する。1900年代の金融危機からの体制を改め、検査と処分重視から、金融機関の経営課題を把握し、対話を通じて解決する方向へ転換する。前身の金融監督庁が発足した1998年から約20年ぶりの抜本的な組織再編となる。』

一般の方には馴染みはないと思いますが、銀行員が「金融庁検査」と聞くと、おそらくほぼ全員、苦い思い出しかないと思います。

金融庁検査局は大手銀行を中心に順番に回って、融資先に問題がないかを検査しにやってきます。
私は、1990年から2000年にかけて某都市銀行に勤めていましたが、大きな支店の融資担当をしていた時に検査局の臨店検査を受けたことがあります。
検査が入りますともう通常業務はすべてストップです。検査期間中は、ほぼ銀行に泊まり込み状態で、検査官が要望する融資先の資料づくりと検査官に対する説明に追われます。

銀行にしてみれば、検査官から「これは不良債権だ」と認定されると、損失が増えてしまうわけで、取引先から融資を回収しないといけなくなります。
ですから、必死で「これは健全な融資です!」ということをいろいろな資料を用意して説明するのです。
しかし、検査官の指摘ときたら、もうそれはそれは厳しくて…。
「これが『重箱の隅をつつく』ということか」という思いをした記憶が鮮明にあります。思い出したくもない出来事のひとつですね。

(さらに…)

2017年9月5日 火曜日 19:48 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

日本の平均給与は420万円。さて、平均ってどこの誰のこと?

今回は統計データの見方についてです。「平均」が一番わかりにくいかも。

 

■日本の平均給与420万円。だから家が売れない?

先日、前提となる認識を合わせないとちゃんとした話にならないな、ということがありました。

ある地方の住宅会社の社長さんと雑談をしていた時のことです。
↓↓↓

私 「日本の景気は良くなっているみたいですね。社長のところはいかがですか?」
社長 「いや地方は厳しいですよ。景気は全然良くないですよ。日本経済はむしろ停滞していますよ。」

自分は市場をよく分析していると自認していらっしゃる社長はこう続けます。

「川瀬さん知っていますか?日本の平均給与は420万円ですよ。最近少し上がってきてはいるもののまだリーマンショック前にまだ戻っていませんしね。
ウチのターゲット層である30代から40代は本当に厳しいですよ。だから自社の住宅ももっと価格を安くしないと売れない。
今、1000万円くらいのローコスト住宅をやろうかと思っているくらいです。」という話でした。

私は「(ちょっと認識が違うな…)」と思いつつ、
「最近の若い人は質にこだわる層も増えていますから、安かろう悪かろうではダメではないでしょうか?」というような話をしましたが、結局最後までかみ合わないままでした。

(さらに…)

2017年8月22日 火曜日 16:49 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

人生100年時代を迎えるにあたり、私たちの人生設計はどうなるのか?

今回は、長寿化時代についてです。
平均寿命はどんどん長くなっていますね。
人生設計を見直さないといけないかもしれませんよ。

 

■平均寿命、女性87.14歳、男性80.98歳に

日本の平均寿命がまた延びたようです。
↓↓↓

<平均寿命最高に 女性87.14歳・男性80.98歳 日本人、昨年ともに世界2位>
(2017年7月28日付 日本経済新聞)
『2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で分かった。
過去最高の更新は女性が4年連続、男性は5年連続。』

日本は長寿の国ですね。平均寿命は世界第2位だそうです(一位は男女とも香港)。
平均寿命は年々伸びています。
厚労省の発表データによりますと、戦後間もない昭和22年(1947年)の平均寿命は、男性50.06歳、女性は53.96歳だったそうなので、この70年の間に男性も女性も30歳以上延びていることになりますね。

また、2016年に生まれた人の数が半分になる「寿命中位数」は、男性は83.98歳、女性は89.97歳だったそうです。
つまり、同年代の約半数は男性で84歳、女性で90歳くらいまで生きるということです。

(さらに…)

2017年8月1日 火曜日 16:35 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

個人版民事再生が13%増加!金融機関の審査は大丈夫か?

今回は、借入についてです。皆さん、借りすぎには注意しましょう。

 

■民事再生手続きや自己破産がまた増えている

10年くらい前によく聞いた「ローン破たん」とか「自己破産」という言葉、最近あまり耳にしなくなったと思いませんか?
実は、個人の借入過多による破たんはこの10年間で激減しました。その理由は後述しますが、その個人の破たんがまたじわじわと増えてきたようです。
↓↓↓↓

<個人版民事再生、昨年13%増  家手放さず債務減 借りすぎ顕在化>
(2017年7月4日付 日本経済新聞)
『破産せずに借金を大幅に減らせる「個人版民事再生手続き」の利用者が増えている。最高裁判所によると2016年は前年比13%増の9,602件と2年連続で増えた。住宅を手放さずに他の借金を減らせる仕組みで、住宅ローンを抱えた人が多く利用しているとみられる。昨年は自己破産も13年ぶりに増加に転じており、借金に苦しむ個人がじわり増えている。』

住宅ローンを組む時に、「こんな大きな借金はしたことがないから怖い」とびくびくされる方は少なくないのですが、今は住宅ローンだけで家計が破たんする人は以前に比べてかなり減っています。しかし、住宅ローンに加えて色んな借入を重ねてしまう、いわゆる「多重債務」の状態になってしまうと家計は一気に厳しくなります。この住宅ローン以外の債務を圧縮して、家計を困窮状態から救う手続きのことを「個人版民事再生手続き」といいます。

多額の借金で、もうどうしようもない状態になると「自己破産」を選ばざるをえなくなります。自己破産すると借金はなくなりますが、自分の財産もすべて失ってしまいます。苦労して手に入れたマイホームも手放さないといけません。しかし、まだ安定した収入はあって、住宅ローン以外の借金を払える範囲に圧縮すればなんとかやっていけるという人は個人版民事再生を利用することができます。自己破産の手前で多重債務状態から解放されます。自己破産と違ってマイホームに住み続けながら再生することが出来るのがポイントです。

(さらに…)

2017年7月19日 水曜日 17:53 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志
NEXT
1 ... 4 5 6 ... 63
BACK

ページトップに戻る