HySPEED工法

HySPEED工法愛媛見聞会

昨日、愛媛県でのHySPEED工法見聞会を開催させていただきました。

4月からスタートして、やっと開催側も、慣れてきたところですが、
今回も、合計10社の皆様に参加いただきました。

いつも感じることですが、この工法の社会的価値はやはり大きい。

従来の表層改良、柱状改良、鋼管杭工法は、何らかの形で、
家を建てるお施主さんの資産価値を自然と下げてしまいます。

事業検討されている方の中には、
「うちのエリアはまだ工務店も、エンドユーザーも意識が低くて」
といわれる方がいらっしゃいますが、だからこそ、
中小企業がこの事業に参入する余地が残されているのではないかと思います。

実際、この認識が、より社会問題になってしまっていたら、
既に大手をはじめ、他業界の大資本も入ってしまっており、
競合多数の従来の市場と何ら変わらない、おいしくない市場になってしまいます。

このあたりを、本日もお話させていただきました。

2007年6月14日 木曜日 8:19 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

2回目のHySPEED工法見聞会

愛媛県堀田建設にて、2回目のHySPEED工法見聞会を開催しました。

先月以上に、多くの来場者にお越しいただきました。

070511_172222.jpg
参加いただいた皆さんのコメントとしては、
・施工が非常に簡単である
・高額な設備投資が必要でないという点が良い
・他工法と末端価格が同じなので、営業がしやすそう
といった意見が多かったように思います。

070511_161214.jpg
HyAS&Co.としては、より工法が普及するために、
全国の代理店網をできるだけ早く充実させることと、
工務店、住宅会社の紹介を積極的に進めていきたいと思います。

2007年5月12日 土曜日 10:12 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

HySPEED工法初見学会

昨日、地盤改良新工法の全国展開で業務提携させていただいた
愛媛県堀田建設において、初めてのHySPEED工法見学会を開催。

9日に業務提携を発表しましたが、今までになく、
多くのメディアに取り上げていただき、インパクトのある見学会となったと同時に、
社会的な価値の高さや、世の中の注目度の高さを感じました。

従来の地盤改良工法が、発がん性物質六価クロム発生のリスクがあること、
さらに、どういう工法であっても、その土地の経済的価値を下げてしまうという問題点
がありますが、それを完全に克服したのが砕石パイル工法です。

砕石パイル工法は、天然の砕石を使うことで、改良される土地に対して
たいへんやさしい工法で、上記問題点を完全に克服した工法となります。

しかしながら、砕石パイル工法は、非常に高額であるというネックがありました。

それでも、ここ数年間で、1,000棟を超える実績が上げられていました。

今回のHySPEED工法は、更にその砕石パイル工法の半分の値段で施工が可能ということで、
各工務店、お施主さんも採用しやすくなりますので、今後、大爆発の予感がします。

本日の初回見学会においても、多くの方にお集まり頂き、たいへん盛況でした。

資産価値に対しての良い提案をしていきたいHyAS&Co.としても、
この社会的価値の高いHySPEED工法を今後一気に世の中に広めて行きたいと思います。

20070412213544.JPG

2007年4月12日 木曜日 15:16 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

不動産の価値を下げない新地盤改良工法

一昨日、愛媛県堀田建設さんより、地盤改良の見学会に招待されました。

私自身前職時、地盤改良事業に関与してきましたが、
その当時の皆様方が、20名以上集まっていらっしゃいました。

懐かしい皆様からたいへん暖かく迎えていただき、
たいへん感謝すると同時に、感動的な瞬間でした。

地盤改良の従来工法には、発がん性物質六価クロムの問題や、
改良工事をしたことによって施主所有の不動産価値が下落するという
問題点がありますが、それに変わる技術として、
数年前から新技術の推進をしていらっしゃる皆様です。

ただ、その当時の工法は、水を使うことによって、
その処理費が膨らみ、更に施工生産性も悪化し、
コスト面での課題がクリアーできていませんでした。

この2、3年の間に、堀田建設さんをはじめ、この日集まられた
多くの会社の方が、苦労に苦労を重ね、努力をされてきた結果として、
今日の日が来たことと思います。

この取り組みには、たいへん頭が下がる思いです。

施工を見させていただきびっくりしましたが、当時の課題は完全にクリアーされており、
コストは半分近くで、施工スピードも倍という驚くべきものに仕上がっていました。

070320_153642.jpg
早速、堀田建設さんから、コラボレーションの話をいただきましたので、
お互いの役割分担などをまとめ、この工法を世に広めるお手伝いをしたいと思います。

土地を持たれている方にとっては、従来の工法と同程度の価格で、
不動産価値をが下落するリスクのない地盤改良工法が提供されることになるので、
この工法の社会的価値はたいへん高いと考えることができます。

2007年3月22日 木曜日 18:17 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳
NEXT
1 2 3 4 5 6

ページトップに戻る