住宅不動産業界 トップインタビュー〜住宅不動産業における優れた経営品質を追う〜

変革の時代を迎える住宅不動産産業界において、自社の持続的な成長を実現しながら地域社会に貢献する企業となるために、経営者はどのように考えどのような活動方針を持って経営に取り組むべきか。

住宅不動産業界 トップインタビュー

住宅・不動産業界 ビジョナリー経営
社会に必要とされる会社であり続けることで自らの新たな成長サイクルをつくる。そんな循環環境を社内外につくり出し、あるべき社会像を提唱してゆくことが経営の本質。 長野県・北信商建

社会に必要とされる会社であり続けることで自らの新たな成長サイクルをつくる。そんな循環環境を社内外につくり出し、あるべき社会像を提唱してゆくことが経営の本質。 長野県・北信商建

北信商建株式会社は1978年に創業、長野県内に8つの住宅展示場を持ち独自の工法で年間200棟近い着工数を続ける地域密着型の住宅会社です。1991年から導入しているオリジナルのFB(Fresh Basi

住宅・不動産業界 ブランド戦略
目標は常に高く。高い志と高い技術力+広報戦略で、県下・地域ビルダーのトップへ 高知県・建匠

目標は常に高く。高い志と高い技術力+広報戦略で、県下・地域ビルダーのトップへ 高知県・建匠

地域住宅会社としては高知県で今期ナンバー1が見えている株式会社建匠の西村社長。地域トップビルダーとなる過程のなかで注目すべきは、高い志と高い技術力を持つこと、そしてそれらを「経営資源」として蓄積するた

住宅・不動産業界 ブランド戦略
勝ち残る地域工務店。それは、最終的に生き残った工務店。 岩手県・千田工務店

勝ち残る地域工務店。それは、最終的に生き残った工務店。 岩手県・千田工務店

将来の勝ち組、生き残る工務店とは?と聞かれた際に、それは一時的な棟数や売上げで判断するのではなく、「経営した年月の分だけ力に変えられる工務店」と語る千田社長。勝ち組工務店の顧客構造を「木」に例えている

住宅・不動産業界 商品サービス戦略
ハウスプランナーによる「マン・ツー・マン工法」で高い顧客満足と高い生産性を両立させる経営手法に注目 岡山県・ミナモト建築工房

ハウスプランナーによる「マン・ツー・マン工法」で高い顧客満足と高い生産性を両立させる経営手法に注目 岡山県・ミナモト建築工房

岡山県にある株式会社ミナモト建築工房では、建築士の資格を持ったハウスプランナーという担当者がひと組のお客様にずっと向き合う「マン・ツー・マン工法」で、高い顧客満足を実現させながら業界紙による住宅会社の

住宅・不動産業界 商品サービス戦略
規格型商品住宅で生活者の暮らしに寄り添う住宅供給を実現する 北海道・不動産企画ウィル

規格型商品住宅で生活者の暮らしに寄り添う住宅供給を実現する 北海道・不動産企画ウィル

創業してわずか15年で道内の住宅着工数ランキングでトップ10入り、道内ランキングにおいて函館地域のビルダーでは唯一のランクインを果たす同社。急成長の背景にある「住まいのあり方を問い直し、生活者の暮らし

ページトップに戻る