週刊住宅新聞-平成22年2月22日(月)

希少価値で竣工前満室も
業界唯一、壁体内無結露20年保証が付く戸建賃貸「ユニキューブ」

賃貸住宅市場に供給過剰感が漂っている中、希少価値の高い「戸建賃貸」が注目されている。不動産会社にとっては客付けしやすく、土地のオーナーにとっても安定した収益を得やすいことが魅力だ。ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村聖一社長)の戸建賃貸商品「ユニキューブ」は、05年5月からの累計で1600戸を受注した戸建賃貸のヒット商品だ。

「ユニキューブ」はハイアス・アンド・カンパニーと安成工務店(山口県下関市、安成信次社長)が戸建賃貸供給工務店ネットワーク「WILL STYLE」を通じて展開。04年11月に安成工務店が発売して半年で54棟を受注し、05年5月にネットワーク展開をスタートしてからこれまでに1600戸を受注したヒット商品だ。ネットワーク加盟店も現在100社を超える。支援強化を目的に新規加盟は抑えていたが、10年度から再び取り扱い工務店拡大を目指す。

同社の戸建賃貸は、シリーズ商品に「ユニキューブ」「ユニフォート」、メゾネット長屋賃貸の「エコパティオ」「エコパティオ・Dシングル」をそろえる。主力のユニキューブは、2階にLDKを配置した3LDKが基本プラン。夫婦と子供1人、夫婦のみの世帯など、入居者ターゲットに合わせて様々なプランも用意している。延べ床70平方メートルで740万円から。

[戸建賃貸] 全国の工務店をネットワーク化 技術・販売ノウハウ提供

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る