日刊木材新聞-平成24年11月27日(火)

14年度に1000棟竣工を目標にコスト削減して高性能住宅提供 R+ハウス全国大会

「第4回R+ハウス全国大会」(主催=ハイアス・アンド・カンパニー、東京都、濵村聖一社長)が20日、東京都内で開催された。冒頭、藤本修アンビエントホーム社長が「住宅市場は縮小傾向にあり、戸数だけでなく、1戸当たりの床面積、単価も下がっている。これからの住宅は高い性能をコスト削減して提供することが必要になる。2020年の省エネ基準の義務化に向けて省エネ等級4より1ランク上の基準を、コストを下げながらクリアしよう」と呼びかけた。

R+ハウスはアンビエントホームが開発した「アトリエ建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅」のネットワークで、ハイアス・アンド・カンパニーが会員組織として展開している。現在、128社が加盟する。加盟後1年以上経過しているのは43社で、月間初回プラン提案数は30件水準に達している。/p>

今後、ブランディング・マーケティング戦略を強化し、13年度に550棟竣工、14年度に1000棟竣工を目標に掲げた。こうしたグループの規模拡大により購買力を高め、省エネ性能などを強化したうえでもコスト削減を図れるよう資材メーカーに要請していく。そのためにオーナー会を組織し、顧客に情報を開示し安心して建物性能・住み心地の高い家造りを提供していく仕組みを構築していく。

ハイアス・アンド・カンパニーが運営するホームページでオーナーの声を広く一般に公開し、加えて加盟店ではC値測定(相当隙間面積)、本部指定の現場施工研修への参加、施工後の品質チェックリストの提出を義務化し、全国どこでも満足度の高い建築を行えるようにしていく。

 

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る