週刊住宅-平成26年3月31日(月)

土地活案を自動作成 相続税や収支分わかりやすく

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村聖一社長)は、効果的な土地活用に悩む不動産オーナーに向けて、数値やグラフを使ったシュミレーションで快適な活用提案書を自動作成する「マイハイアーⅡ」システムの提供を5月1日から始める。

提案書は、土地を駐車場や戸建賃貸などに活用した場合にかかる相続税額や収支合計をグラフや表を交えて作成する。内容は一覧で比較できるため、オーナーが理解しやすく不動産会社も補足説明がしやすい。作成に必要な情報さえあらかじめ用意できていれば30分程度で簡単に作成できる。これまで比較できる提案書を用意するために必要だった現状確認や収支計算などの時間やコストも圧縮できる。

15年1月の相続増税を控え、税理士や金融機関に相談していた増税対策案を、同システムを活用して不動産会社でも相談できるようになるため、実務に沿った具体的な提案が出来る。



140331週刊住宅

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る