日本住宅新聞-平成26年4月15日(火)

断熱リフォームに特化したネットワーク事業を開始

アトリエ系建築家の設計による家づくりを特徴とするネットワーク「R+house」を運営するハイアス・アンド・カンパニー(株)(本社:東京都港区、濱村聖一社長)は、(株)アンビエントホーム(本社:香川県高松市、藤本修社長)と共同で戸建断熱リフォーム事業「ハウス・イン・ハウス」を、4月から展開する。

パネルを用いた非破壊・短工期の工法を採用し、住宅ストックの高断熱化需要への対応に乗り出す。断熱改修に使用するパネルは接着剤を使用せず、リサイクルに対応できるものを使用。また、施工中の仮住まいや引っ越しの必要もなく、価格も事前に明示することを可能にした。

事業展開にあたり、高気密・高断熱の施工に精通したR+houseネットワークの会員を対象に、初期特別会員を、30社を上限に募集。会員の一般公募は10月からを予定。一般公募に向け、同社は、事業ノウハウや消費者への訴求ツールを、初期特別会員と共同で開発していくとしている。

また、来年10月に予定されている消費税10%への引き上げを前に、新たな建て替え需要を別チャネルで発掘することも同事業の目的のひとつだとしている。



140415日刊木材新聞

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る