産経ニュース-平成26年10月17日(金)

アトリエ建築家と作る高性能デザイナーズ注文住宅”R+house”ネットワーク「『構造計算』サービス」の提供を開始

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
アトリエ建築家と作る高性能デザイナーズ注文住宅”R+house”ネットワーク
「『構造計算』サービス」の提供を開始
~マーケティングを強化し、来期2,000棟体制へ~

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区白金台 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、アトリエ建築家とつくる高性能デザイナーズ注文住宅「R+house(アール・プラス・ハウス)」を展開し、日本の住宅の資産価値向上を一つの目標に全国の加盟店と共に住宅供給しており、10月17日より「『構造計算』サービス」を開始します。

今回の「『構造計算』サービス」の提供は、R+houseのブランディング・マーケティング戦略の一環です。R+houseは高気密・高断熱で性能の高い住宅であり、快適性に優れ、お施主様が住んでからの満足度は非常に高いものとなっています。その満足度を更に高め、住まいの『安心・安全』というものに目を向けていただくため、サービスの提供を開始するに至りました。構造計算書は数百ページに及び建築物の安全性に関する主様に対して提供してまいりますが、将来的には標準的に『構造計算』を実施していく予定で準備を進めています。

昨年の消費増税前の駆け込み以降、住宅業界は苦戦を強いられています。そのため、各社ともに新たな取り組みで顧客の囲い込みを行い、他社と差別化が必要になっています。

RCや鉄骨造では必ず行っている構造計算ですが、2階建ての木造住宅では構造計算の実施義務がないこともあり、標準的に行っている住宅会社は多くありません。そのため、R+houseネットワークでは構造計算実施による構造面での安全性を武器に差別化を図り、ブランド力を強めていく方針です。

2009年9月よりスタートしたR+houseは、皆様のご支援のおかげで、発足から5年ほどで、全国160社を超える会社様にご賛同頂き、全国展開を行っています。

R+houseでは新たな施策を実施することで、さらなるデザイン性の追求、高性能化に向けて取り組んでいます。加えて、10月には昨年に引き続き、慶應義塾大学 伊香賀俊治教授と連携した『第2回 住環境と健康との関係調査(※)』の実施も予定しています。今回の施策を皮切りに、ブランディング・マーケティング戦略をさらに強化し、受注ベースで2015年度2,000棟/年を目指します。

ハイアスでは、R+houseが住宅市場をリードできる存在となるよう、顧客満足度No1ブランドを目指し、省エネルギー性能、デザインクオリティー、コストダウン手法、販売手法、ブランディング戦略、新商品開発、すべての分野において、進化を続け、今後もエンドユーザーに求められる住宅販売構造を創造し続けてまいります。

(※)高性能住宅によって、より良い健康状態を実現するためのサンプル調査

産経ニュース-平成26年10月17日(金)
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る