新建ハウジング-平成26年10月30日(木)

プレミアム消費に応えるR+houseが全国大会 住宅業界のセレクトショップに

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村聖一社長)が運営する住宅ネットワークのR+houseの第6回全国大会が10月17日、東京都内で開催された。デザイン・性能の向上、さらにブランディング戦略に注力し差別化を図る。

ハイアス・アンド・カンパニー取締役常務執行役員の柿内和徳さんは「業界としては昨年からの駆け込み反動があり、ローコストメーカーなどは受注が一昨年度の半分といった状況もあるようだ。R+houseは同時期の反動を見越し広告を投入し、一昨年度の70~80%に踏みとどまることができた」とし「2015年度の2000棟を目指し、加盟店の年間受注24棟体制を目指しネットワークを支援する」とした。

業務提携するアンビエントホーム代表の藤本修さんは、今後のR+houseの方針について「社会の資源となりうるような、使い捨てでない住宅を一般の住宅にまで昇華させていきたい」と話した。

今後、こだわりをもつ顧客の「プレミアム消費」に応える上質な商品を提供していく。また情報が多すぎて住宅を選べないユーザーが多いとし「R+houseを住宅業界のセレクトショップにする」と話し「建築家とのコラボなど強みを生かし、それぞれの地域で「『R+houseに行けば良い家がある』と感じてもらえるようにしていく」と展望を語った。

新建ハウジング-平成26年10月30日(木)
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る