全国賃貸住宅新聞-平成26年12月1日(月)

2020年省エネ基準適合義務化対応の新商品発売
ハイアス・アンド・カンパニー わずかなコストアップで導入可能

不動産のナレッジ開発を展開するハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は、総合建設業の安成工務店(山口県下関市)と提携し、全国展開する戸建賃貸ネットワーク「ウィルスタイル」の主力商品である「ユニキューブ」をはじめ、「エコパティオ」「ユニフォート」「D-single」の4ラインで、2020年省エネ基準適合義務化に対応する新商品の販売を開始する。

同義務化について、賃貸住宅においては性能対応によるコストアップに直結するため、対応があまり進んでいないのが現状。

そこで同商品は、2020年に賃貸住宅を含む全ての新築住宅に対し、義務化が決定している平成25年省エネ基準に対応。賃貸住宅でありながら断熱性能に優れたデコスドライ工法を採用し、20年の壁体内無結露保証付き。戸建賃貸の希少性を背景に、高性能化を打ち出すことによって、差別化をはかるのがねらいだ。

標準価格は、戸建賃貸「ユニキューブ」が790万円~。住宅会社と部材メーカーの直販を実現したweb型CRMシステムを用いた「ユニキューブUDONバージョン」は8000万円~。狭小地対応型ローコストメゾネット賃貸住宅「エコパティオ」は1戸当たり750万円~など。(全て税抜き)

141201全国賃貸住宅新聞
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る