日刊木材新聞-平成27年7月29日(水)

断熱リフォームで17年度130億円目指す

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)がアンビエントホームネットワーク(同、藤本修社長)と業務提携して展開を始めた戸建て住宅断熱リフォーム「ハウス・イン・ハウス」の目標を15年度末に加盟店130、展開エリア150で年間300棟体制へ、17年度には加盟店220、展開エリア260で2000棟、売上高130億円を目指す方針を発表した。濱村社長は「断熱リフォームの市場はこれからで、先陣を切ってスピード感を持って取り組んでいく」と意欲を示した。

ハウス・イン・ハウスは既存の住宅躯体を合板で挟んだオリジナルパネルを使って断熱・気密性能を向上させる断熱リフォームを中心とした事業。各地で既存住宅などを断熱リフォームしたショールーム展開を進め、集客イベントなどを行い受注をする仕組み。現在はモデルハウス5拠点、ショールーム4拠点。

高松では14年3月から15年6月まで平均月2~3回のイベントを月額44万8000円の販促経費を掛けて実施、この間で1億4500万円を売り上げた。継続的な集客イベントとじっくり時間をかけて話を聞く相談会などで早期に有料現地調査に持ち込み施工するという。「次回のアポをすぐに行うなどスピード感が大切」とハイアス・アンド・カンパニーでは話している。

同社は10月からテレビCM放映や雑誌を使った広告展開で認知度を高めていく方針だ。

150729日刊木材新聞
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る