週刊住宅新聞-平成27年10月26日(月)

年間受注、17年に3000棟目指す ハイアス 全国大会を開催

ハイアス・アンド・カンパニーは16日、「デザイナー住宅・R+house」の全国大会を開催した。

柿内和徳取締常務執行役員は、今後の市場を分析した上で、「年間受注棟数を17年は3000棟、20年に1万棟を目指す」と明らかにした。

そのために本部は、R+houseを「住宅の供給システム」から、ユーザーに向けてブランド化することに着手。「建築家と建てる家を、身近に、手軽に」を合言葉にして、ユーザーに「建築家との家づくり」は敷居が高いものではないことを訴える。

そのために、特定する雑誌媒体やラジオCM出稿を強化、反響数をビルダーと共有する。

濱村聖一社長は、住宅取得者の多くが、担保価値と再販価値に注目していることを指摘、「経営環境の激変を乗り切るためには、推奨素材の性能と精度の高い施工、コスト管理が必要」とあいさつした。

151026週刊住宅新聞
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る