R.E.port(不動産流通研究所)-平成28年4月27日(水)

デザイナーズ注文住宅、受注年1,000棟超へ/ハイアス&カンパニー

住宅・不動産会社支援のハイアス・アンド・カンパニー(株)は26日、東証マザーズ上場を記念した記者懇談会を開催。代表取締役の濱村聖一氏が同社の現況について語った。

濱村氏は、「当社の経営理念は、“住宅取得が個人の資産形成に直結する社会の実現”。日本の住宅・不動産市場の大きな割合を担っている地域の中小事業者にさまざまなツールを提供して支援し、主要な個人資産である住宅宅地の保全に貢献していきたい。中小事業者が苦手とする、商品開発、人材採用・育成、コストダウン、品質管理などを当社がサポートすることで、大手企業に対抗できるようになってもらいたい」などと述べた。

主力事業である、デザイナーズ注文住宅ネットワーク

「R+house」事業は、現在約220社が参加。2016年4月期は受注約800棟の見込み、次期については、1,000棟超の計画とする考え。同ネットワークでは、全棟気密検査を義務化しているほか、断熱性・気密性の高い住宅の供給により、地域工務店によるZEH供給を支援していく。

また、消費者の住宅購入意思決定支援事業であるans事業は開始から3年が経過。同事業は、エンドユーザー向けに勉強会や相談会を実施し、住宅会社選びや土地探しのサポートを行なうもの。直近は年間500組が来場し、住宅会社に紹介・成約に至ったのは70組以上。熊本でのトライアル店舗の収益化のめどがついてきたことから、他地域への出店も具体的に検討していくという。

160427R.E.port(不動産流通研究所)
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る