建通新聞東京-平成30年10月29日(月)

R+house全国大会を開催

ハイアス・アンド・カンパニー(品川区)が組織する高性能デザイナーズ注文住宅ネットワーク「R+house」は23日、都内で「第10回全国大会」を開いた。活動事例や現状を報告した他、本部方針などを発表した。

冒頭、800人の参加者を前にハイアス・アンド・カンパニーの柿内和徳取締役常務は「2009年にR+house事業を開始し、現在は所属する建築家が設計した住宅供給数は1500棟に迫る。今後も潜在化する建築家住宅市場のニーズを獲得するため、ネットワークを最大限に活用して業務に取り組んでほしい」と述べた。

活動事例の発表では、ワカヒサ工務店(熊本県荒尾市)やリガード(国分寺市)、ウェルハウジング(茨城県守谷市)などが自社で進める集客や施工方法、アフターフォローなどについて紹介した。

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る