ADM

R.E.port-平成30年8月31日(金)

住宅購入、比較検討時に重視するのは「立地」

ハイアス・アンド・カンパニー(株)は30日、住宅取得における行動、意向に関する意識調査結果を発表した。全国の25~39歳までの直近3年以内の住宅購入者、今後3年以内の住宅購入検討者を対象に、Webアンケート調査を実施。調査期間は6月29日~7月4日、有効回答数は900。

住宅購入検討時に重視した点については、建売・注文住宅とも「立地・周辺環境」(80.9%)がトップに。注文住宅検討者・既購入者は「住みたい家の性能の高さ(断熱性・気密性・防音性等)」や「インテリアデザイン」を重視する回答が高かった。
一方、検討時に不安視していた点を尋ねると、全体では「建物の性能に関する知識不足」(57.1%)が最多。次いで「立地・周辺環境に関する情報不足」(53.4%)となった。特に、建売住宅検討者・既購入者は「立地・周辺環境に関する情報不足」の回答割合が高く、注文住宅検討者・既購入者では「住宅性能に関する知識不足」が高かった。

住宅購入を検討する際に参考とした情報は、「住宅展示場やモデルハウス」(62.4%)がトップに。注文住宅検討者・既購入者はもとより、建売住宅検討者・既購入者も「展示場やモデルハウス」を参考情報としていることが分かった。

建売住宅の検討理由については、「価格が明示されていること」や「間取りや内装が決まっていること」が多数を占めた一方、課題や不満として「自分で決められないこと」や「他の家と似ている」などが挙がった。
注文住宅の検討理由では、「間取りや内装について自分の理想のイメージが実現できること」がトップに。一方で、「金額」「間取りや内装などを自分で決めることが手間」「理想の家づくりが自分にできるか自信がない」などの課題や不満があった。

(さらに…)

2018年11月7日 水曜日 14:06

月刊不動産流通(REport)-平成29年12月6日(水)

セレクト住宅システムで第1回全国大会

ハイアス・アンド・カンパニー㈱は5日、同社が運営するデザイナーズセレクト住宅システムの全国ネットワーク「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」の第1回となる全国大会を八芳園(東京都港区)で開催した。

ADMは、アトリエ建築家によってあらかじめデザインされた住宅プラン集から選択できるシステム。現在約380プランを用意しており、高気密・高断熱の高性能住宅を本体価格1,100万~1,600万円で提供する。

15年6月から先行会員全国38社で事業をスタート。商品・営業面で検証を行ない、営業ツールやシステムを更新、研修等のフォロー体制を構築し事業パッケージ化した。16年10月より第2期募集を開始し、現在の会員数は109社。

本部方針を発表したハイアス・アンド・カンパニーシニアコンサルタントの猪野豪士氏は、ADMのターゲット層である“年収の低い”一時取得者層を、新築住宅の今後増加する一番のボリュームゾーンとし、「お金をかけてこだわれないと思っているお客さまが、高性能でオシャレな家を選べるという環境を住宅業界でつくっていきたい」などと意気込みを述べた。

今後の事業展開について発表した同社代表取締役社長の濵村聖一氏は、「住宅取得者の条件が変わってきている。その人たちが欲しいものを提供する、ADMはそれができる環境を先取り、挑戦してつくっていく取り組み。このネットワークを皆さんと展開していきたい」などと話した。

(さらに…)

2018年1月16日 火曜日 14:13

リフォーム産業新聞-平成28年11月8日(火)

本体価格1500万円以下のセレクト住宅

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は、アンビエントホールディングス(東京都港区)と提携し、本体価格1500万円以下の商談に対応するための新システム「アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット(ADM)」の加盟店募集を開始。全国で先行会員の募集を行っている。

ADMは、アトリエ建築家によってあらかじめデザインされた本体価格1200万~1500万円の高気密・高断熱の高性能住宅プラン集から、住宅購入者が建築プランを選択できる「セレクト住宅」の新システム。

今回の募集開始にあたっては、昨年6月からフロンティア会員として全国38社の会員企業と商品・営業面でも検証を重ねて営業マニュアルやシステムを更新し、研修等のフォロー体制を構築してきた。その結果、導入した会員企業に成果創出が期待できる見込みが立ったため、全国で会員企業の募集を開始するに至った。

(さらに…)

2016年12月7日 水曜日 13:13

ページトップに戻る