土木

【建通新聞東京】ハイアスなど 生産性革新でシンポジウム

建通新聞東京-平成29年10月3日(火)

ハイアスなど 生産性革新でシンポジウム

ハイアス・アンド・カンパニー(品川区)と住宅不動産取引支援機構、住宅不動産資産価値保全保証協会は9月27日、都内で「住宅不動産事業の生産性革新と日本の未来シンポジウム」を開いた。経済界や学会の専門家が、日本の住宅不動産業界の現状や課題、今後の展望などについて紹介した。

冒頭、ハイアス・アンド・カンパニーの濱村聖一社長が「業界に革新が必要な時だからこそ、それぞれの専門家に住宅不動産業界の今後についての意見を伺う機会を設けた。きょうの講演から有意義な情報を得てほしい」とあいさつした。

シンポジウムでは、東京大学総長で三菱総合研究所理事長の小宮山宏氏が「プラチナ社会における住宅」をテーマに講演。モルガン・スタンレーMUFG証券のシニアアドバイザーのロバート・アラン・フェルドマン氏が、オリンピック前後の景気動向と住宅不動産業界への影響を紹介した。

(さらに…)

プレス記事 2017年10月3日 火曜日 14:21

【R.E.port】シンポジウム「HyASフォーラム2017」開催

R.E.port-平成29年9月28日(木)

シンポジウム「HyASフォーラム2017」開催

ハイアス・アンド・カンパニー(株)は27日、(一社)住宅不動産取引支援機構、(一社)住宅不動産資産価値保全保証協会とともに、「住宅不動産事業の生産性革新と日本の未来 シンポジウム~HyASフォーラム2017~」を東京国際フォーラムで開催した。

シンポジウムでは、各界の専門家が住宅・不動産業界の課題や今後の展開について講演。第28代東京大学総長で(株)三菱総合研究所理事長の小宮山 宏氏が登壇し、「プラチナ社会における住宅」と題した基調講演を実施。また、同社ネットワーク会員の中で、地域社会に貢献する先導的な活躍をする企業を表彰する「住宅不動産業経営品質賞 ハイアスアワード」表彰式や、(株)ナウキャスト取締役会長・早稲田大学研究員客員教授の赤井厚雄氏、エコノミスト・モルガン・スタンレーMUFG証券シニアアドバイザーのロバート・アラン・フェルドマン氏などによる特別講演も行なった。

開会の挨拶で同社代表取締役社長の濱村聖一氏は「業界全体の経営品質の向上を目指し、”住宅不動産業経営品質賞 ハイアスアワード”を創設した。経営革新に取り組んでいる企業をベンチマークしていただき、自社の経営に役立てていただければと思う。変革の時代を迎える住宅不動産業界が地域社会に貢献する企業となるために、未来の姿を描けるよう、みなさんとともに考える場にしてきたい」などと述べた。

(さらに…)

プレス記事 2017年9月28日 木曜日 14:20

【日刊建設産業新聞】施工実績が累積5万棟突破

日刊建設産業新聞-平成29年7月19日(水)

施工実績が累積5万棟突破

ハイアス・アンド・カンパニー
天然砕石活用 環境対応型の地盤改良工法

ハイアス・アンド・カンパニーは、天然砕石を活用した環境対応型の住宅地盤改良工法「HySPEED工法」を全国展開しており、施工実績が17年6月末時点で累積5万0181件となり、5万棟を突破した。また、採用住宅会社・工務店の社数も累計で1万1250棟を超えた。

「HySPEED工法」は、07年に事業を開始。天然砕石のみを使用するため、土壌汚染の懸念がなく、土壌汚染による資産価値毀損リスクがない、通常の杭のように産業廃棄物、埋設物扱いにならないことから、土地の資産価値を毀損しないことや、施工後の品質検査の徹底、液状化軽減効果、といった特長を持ち、住宅会社、施主の双方にとって安心・安全な住宅地盤を提供してきた。

拡大の背景として、全国160社の施工ネットワーク体制のよって、北海道から九州まで施工エリアを網羅し、個人の資産価値に悪影響を及ぼさない工法として積極的に啓蒙活動を続けてきたこと、加えて、近年の地震災害を経て、住宅地盤への関心が高まったことなどが要因としている。

さらに、工法の安全性についても建築技術性能照明を取得しており、昨今では一般住宅以外にもアパート、マンション、店舗、工場など様々な建物の地盤補強工法として採用されていることも順調な実績を積み上げる要因となっている。

(さらに…)

プレス記事 2017年7月19日 水曜日 18:19

【新建ハウジング】HySPEED工法、累計5万棟に 受注数第一位は島根県の出雲砕石

新建ハウジング-平成29年5月29日(月)

HySPEED工法、累計5万棟に 受注数第一位は島根県の出雲砕石

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)は5月26日、第11回HySPEED全国大会を開催、全国から80社あまりの建設土木会社が集結した。

天然砕石を使用したHySPEED工法は、セメントを使わない土壌汚染リスクのない地盤改良工法。同社では2007年に事業化し、今年10年目を迎えた。施工実績は5万棟に迫る。現在、年間施工棟数は約8000棟で、2018年度までに年間施工棟数を1万棟規模にするとして、7月末~8月中旬にかけての全国一斉施工現場見学会をはじめ、営業研修、地盤勉強会などの基本戦略を発表した。

「HySPEED工法受注キャンペーン2017」(2016年5月~2017年4月)、第一位のプラチナ賞には、総杭長3万4993m、368棟相当分を受注した出雲砕石(島根県)が輝いた。

(さらに…)

プレス記事 2017年6月20日 火曜日 16:21

【R.E.port】5万棟に迫るHySPEED工法、全国大会

R.E.port-平成29年5月29日(月)

5万棟に迫るHySPEED工法、全国大会

天然砕石を活用した環境対応型の地盤改良工法「HySPEED工法」を展開するハイアス・アンド・カンパニー(株)は26日、「第11回HySPEED全国大会」をホテル雅叙園東京(東京都目黒区)で開催、加盟店77社が参加した。

同工法事業は、2017年度で10年目を迎える。5月までの累計施工数は4万8,967棟で、まもなく5万棟に到達する。

大会冒頭、同社取締役常務実行委員の垣内和徳氏は、「近年、環境対応工法を扱う競合他社が多数出現してきたが、そのうちの最大手と比較してもHySPEED工法は5倍以上の成長率を誇る。さらに、当社は同工法に加え、住宅事業に力を入れる工務店向けの支援メニューが豊富。砕石パイルのみを扱う他社に総合力で勝負すれば、今後もトップを走り続けられる」と現況報告を行った。

同社執行役員の加藤 尊彦氏は今後の方針を発表。「年間の施工ペースを、2017年度は8,600棟に、18年度には1万棟にする」と目標を掲げた。

また、同大会中に投票を実施したブランドメッセージ最終選考の結果も発表。「ママが選んだ、強くて優しい工法」に決定した。「住宅購入の計画・決定権は女性(母)にあるというエンドユーザーの傾向を反映させたため、営業シーンでも親しみやすさを感じてもらえると思う。年間1万棟施工という実績とキャッチ―なブランドメッセージの両輪で、地盤改良といえばHySPEED工法と言われるよう知名度を上げたい」(加藤氏)。

最後に、同社代表取締役の濱村聖一氏が挨拶。「当社の主力事業であるデザイナーズ注文住宅『R+house』の会員は現在253社。そのうち、HySPEED工法を採用しているのは83社。施工数から見ると、5,600棟中239棟と、今後もシェア率を伸ばす余地がある。施工現場を工務店等に披露する『現場見学会』などのイベントを積極的に開催して営業を強化することが必須」と加盟店社員を鼓舞した。

この他大会では、前年度の施工総杭長数を競う「受注キャンペーン2017」の表彰と、加盟店2社による成果事例発表等が行われた。

(さらに…)

プレス記事 2017年6月20日 火曜日 16:21

BACK

ページトップに戻る