リライフクラブ

「住宅・不動産営業 基礎講座」を開催中!

「住宅・不動産の知識をどこから勉強したらいいか分からない…」
「未経験で入社した社員の教育がなかなかうまくいかない…」

多くの現場から聞こえるこうした声を受け、住宅・不動産会社が抱える営業人材の育成課題に応えるべく、住宅・不動産業界の幅広い基礎知識を習得するための「住宅・不動産営業 基礎講座」 を 開講しました。

住宅と建築にまたがる初めての営業マン向け講座の提供開始

どのような営業担当者でも、お客様の前に立った時は住宅のプロでなくてはなりません。住宅のプロは、建物、不動産取引に関する双方の幅広い知識を備え、適切に情報を伝えながら顧客をリードできる能力が求められます。また、一人で建築と不動産にまたがるサービスを提供できるということは、生産性向上においても不可欠な要素になります。

本講座では、お客様と接する際に住宅や不動産に関する受け答えを遜色なくできるよう、独自に編集したテキストを提供し、現場で使える幅広い知識をお伝えしています。

1月と4月に開催した講座には、住宅・不動産業界の営業担当者だけでなく、社員教育に携わるマネージャーの方にも多くご参加いただきました。参加者からは、「基本的な知識とともに、営業への活かし方も学ぶことができた」「今回の研修で知らない部分が分かり、何を勉強したらよいか分かった」「もっと深く勉強しお客様に良い情報を伝えていきたい」といった声をいただいています。引続きコンテンツを磨きながら、営業現場に根ざした学習機会を提供してまいります。

HyAS View 2020年7月9日 木曜日 13:38

【HyASの取り組み】
次世代人材の養成講座 開講(リライフクラブ主催)
ー「建築と不動産にまたがる」人材育成支援「住宅不動産営業 基礎講座」ー

生産性向上につながる、建築と不動産にまたがる知識習得

インターネット上には情報が溢れ、さらに住宅取得検討者がより多くの情報を容易に得ることができるようになっていることで、住宅会社・不動産会社の営業担当者も建物に関する情報、不動産取引に関する情報の双方にまたがる幅広い知識を備え、適切に情報を伝えながら顧客をリードできる能力を求められますし、一人で建築と不動産にまたがるサービスを提供できるようになることは生産性向上に不可欠です。しかし、住宅・不動産の「営業」活動を行う際に資格保有者だとしても専門性に偏りが生じているという問題もあります。

取引や市場に詳しい建築士、建物に詳しい宅建士の必要性

例えば、建築士の資格試験では建築を行う上で建物の知識を問いますが、建物取引や市場についての知識は深く問いません。宅地建物取引士の資格試験にしても、主に不動産取引に関わる法令等についての知識は問われますが金融や建築に関わる知識は深く問われません。

住宅営業マンは、現場でお客様から建物性能についての知識や不動産取引に関わる知識、金融や税制、法令に関わる知識を同時に求められるものですが、その習得は個人や企業に任せられています。

HyAS View 2020年7月8日 水曜日 16:18

新・ブランドに込めたパッション1
住宅FPアカデミー  RELIFE CLUB(リライフクラブ)

新しいブランドサインは 「信頼と実力の証」

前号でもお伝えしたように、リライフクラブでは「信頼と実力を兼ね備えた」住宅のセールスパーソンを育成するため、従来から提供してきた住宅FPマスター制度において、認定の要件変更を含め教育プログラムの強化を行い、「住宅FPアカデミー」へと進化しました。

新制度に基づく住宅FPアドバイザー、住宅FPマスターを取得したセールスパーソンの皆様にとって、強化・刷新された教育プログラムを通じて得た知識や姿勢が購入検討者からの「安心のしるし」となるはずです。

リライフクラブ本部でも、この「安心のしるし」が住宅取得を検討するすべての人から認知されている状態、つまり「ブランド」として構築するためのプロモーション活動をこれまで以上に強化してまいります。

強化・刷新された教育プログラムのポイント
「倫理」「 知識」「 コミュニケーション」

強化・刷新された教育プログラムで得た知識と姿勢を通じて「お客様に評価され、継続的な成果を上げる」人材育成を進める上で、リライフクラブが考えるポイントは3つです。

それは「倫理観」「知識」「コミュニケーションスキル」です。新たな教育プログラムでは、これら3つの知識と姿勢を兼ね備えることの重要性を再確認していただくとともに、この3つの要素を駆使した「実践力」を高める機会として、会員同士が集まりお互いの取り組み事例を共有する機会を設けています。

(矢部)
↓リライフクラブのサービスページはこちら↓
リライフクラブサービスページへ

HyAS View 2020年1月22日 水曜日 15:14

営業人材育成ネットワーク『リライフクラブ』 新しいロゴマークで頂上ブランド化を開始

求められるのは「倫理観」「知識」「コミュニケーションスキル」を兼ね備えること

リライフクラブでは、お客様から信頼され、安心・納得の住宅購入をサポートできる営業パーソンを育成し、彼らにお客様から評価される「ブランド」を手にしていただくために、「住宅FPマスター」資格制度を創設、運営してまいりました。

昨今、建設不動産業界の一部の企業活動においてその「企業倫理」が問われるような問題が続くなか、住宅・不動産業界の専門家としてますますお客様からの期待が寄せられる営業パーソンの資質として「知識」「コミュニケーションスキル」はもちろんのこと「倫理観」までを兼ね備えた営業としてお客様に評価されることが重要になっています。

資格名称を明確に

リライフクラブでは、「倫理観」「知識」「コミュニケーションスキル」を兼ね備えることの重要性を再確認するとともに、この3つの要素を備えることで実際の営業現場において「お客様に評価され、継続的な成果を上げている」営業パーソンを「住宅 FPアドバイザー」、その上級資格として「住宅FPマスター」に認定する新たな制度を開始することにしました。

新ロゴマークの発表

新たな制度のスタート以降、住宅 FPアドバイザー、住宅 FPマスターを取得された営業パーソンの皆様にとって、その資格が営業と購入検討者をつなぐ「安心のしるし」となるよう、リライフクラブでは「ブランド」構築のためのプロモーション活動を強化してまいります。もちろん、単なる住宅FPマスター資格の等級名称の変更ではなく、認定要件の変更にあわせた教育プログラムの強化も実施します。

新ロゴマーク

「お客様に評価され、継続的に成果を上げる」営業パーソンの成功事例

リライフクラブに集う約700社、2,200名の営業パーソンが実践している住宅販売営業における成功事例・営業ノウハウをご紹介する成功事例レポートをご紹介します。

などその他多数の事例がHyAS View NETにはまだまだ公開しています。

(矢部)

↓リライフクラブのサービスページはこちら↓
リライフクラブサービスページへ

HyAS View 2019年11月8日 金曜日 17:25

お客様から選ばれる営業マンを育てる。

今こそ、住宅購入者の顧客満足にこだわる

リライフクラブは「顧客の安心・納得の住まい取得」をサポートする住宅営業マンが集まる全国ネットワークです。住宅購入検討者の不安を解消し、将来的なライフプランやファイナンシャルプランを踏まえて、本当に納得でき、後々まで満足できる購入決断へ導く。そのような接客を誰もができるよう、今後さらにサービスを拡充してまいります。
一見回りくどいようですが、それにより契約率は高まります。また契約したお客様からその後の紹介も期待でき、中長期的な視点で「お客様から選ばれる」営業マン、会社へと成長することが可能になります。

通常の集合型研修に加え、有料の出張個別研修も実施
営業組織が丸ごと変わる

リライフクラブのサービスの柱のひとつが充実した教育プログラムです。研修では、お客様からの信頼獲得のしかた、お客様の希望や不安をいかに把握して提案へつなげていくのかという考え方をベースとして、システム「ハイアーFP」の有効な活用方法を学ぶほか、トーク練習を行い、テストも行います。
初期の立ち上げから、基本的なノウハウ、スキルを身につける講座までで計 7 日間のプログラムとなっており、これらはご加盟後、皆様に受講しいただいています。
また、有料での出張個別研修も承っております。出張個別研修では、要望に応じてカリキュラムの微調整も可能。全営業担当にご参加いただき、スキルを身につけていただくことで会社としてより大きな成果を望めるようになります。

トップ営業マンによる特別研修も開催

リライフクラブでは、望ましい接客を行った結果、高い顧客満足度と大きな成果を得た営業マンを「住宅
FPマスター」として認定する制度も運用しており、その中から年に1人、特に顕著な実績をあげ、会員から最
も多くの評価を集めた方を「グランドマスター」に選出しています。今年は、東京・国分寺の株式会社リガード吉川麻耶様が、5 代目にして初の女性「グランドマスター」に輝かれました。
毎年、「グランドマスター」に選ばれた方には、特別研修の講師を務めていただいており、今年も9月に吉川様を講師として、全国4会場で研修を開催いたします。

基本の研修に加えて、このようなネットワークの中での好事例を学べる研修も定期的に開催しており、さらなるレベルアップを図っていただくことが可能です。

(原口)

↓リライフクラブのサービスページはこちら↓
リライフクラブサービスページへ

HyAS View 2019年9月9日 月曜日 16:45

BACK

ページトップに戻る