R+house

シリーズ眼を養う#037
R+house 住宅のデザインを探る

春日 琢磨 様

春日琢磨建築設計事務所

春日 琢磨

生活の背景としての遠景

敷地は郊外の密集住宅街にあり、接道側6mを上底、南側境界線16mを下底とする台形状の変形地で、接道する北面を除いた三方向から隣接建物が迫っており、広さがある割に非常に圧迫感を感じました。

その中で敷地奥に僅かではありましたが東方向にのみ遠く山並みが広がる抜けがあり、この遠景を取り込むことを計画の軸としました。

配置計画としては、変形地に対して単純なボックスと6台分の駐車スペースを前面道路から並行垂直に配置し、残りの変形余剰地を庭として整備しました。その結果、敷地東奥の遠景が望める空間を道路側からは見えないプライベートな空間として確保することができました。

内部では、その東方向の抜けに対して生活の中心を設け、遠景が生活の背景として感じられる印象的な開口を設けました。またその印象性を高めるために、住宅全体の各開口部に明確な大きさの差を持たせました。その上で内部空間の突き当たりには必ず開口部を設けるようにし、日常生活の至る所で外部空間を感じ、その小さな経験の積み重ねのクライマックスとしてリビングの遠景が意識されるよう配慮しました。

この開口からの遠景が、閉鎖的な道路側からの印象とは大きく異なる解放的で伸びやかな内部空間を創り出すと共に、ここで暮らされるお施主様家族の原風景としていつまでも寄り添うきっかけになれば良いなと思います。

外部正面はミニマムな表現とし、夜景ではスリットからの灯りが印象的な表情を作り出します。

カーポートから濡れずに入れる玄関を開くと、スリット越しに庭が自然と目に入ります。

遠景を望む開口部。吹抜けを介して自然光を家中に届けてくれます。
4.5帖の吹抜けに対し1面全てを開口部としているので、開放感とともに明確な方向性を持った空間となっています。

吹抜け上部よりリビング、キッチンへと繋がります。

2階の吹抜けに面する場所には読書スペースを設けており、家族の気配がどこにいても感じられます。廊下の突き当たりにも開口部とともにスペースを設けています。

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 10:04

環境変化に柔軟に対応する建築家の力
ーR+houseが3カ月で279件のテレワーク対応プランの設計ー

建築家住宅R+houseだからできたニューノーマル対応
自粛期間が開けた6月にはすぐに受注トレンドも回復基調に

6月にリリースしたニュースでは、外出自粛期間にあたる3月から5月に受け付けたプラン設計依頼303件のうち、279件はワークスペースが組み込まれたプランでした。これは、顕在化した需要を即時に捉え、対応できる建築家住宅の仕組みがもたらした結果です。引き続き「新しい生活様式」が求められるなかで、「安心・安全」を確保しながら働く環境を整えることが重視されてくることは想像に難くありません。

建築家住宅R+houseの強みである「エンドユーザーのニーズや志向の変化を上手く、かつ素早く汲み取ったプラン提案」を行う対応力が、他社との差別化をはかるためのポイントになることは間違いないと考えます。

こうした顧客対応力も相まって、4月~5月の大手ハウスメーカーの受注が前年比30%前後のダウンとなっていると言われるなか、R+houseネットワークの6月の受注実績は早期に前年同月の水準に回復しました。

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 9:26

住まい手の健康を守る性能とは
ー高気密・高断熱と正しい換気が当たり前にー

「3密」を回避する行動。自宅においても「換気」性能が重要に

昨今の新型ウイルス感染防止対策では「密閉・密集・密接」の3密の回避と咳エチケットの徹底が求められていることはご存知の通りです。密集を避けるための在宅勤務など自宅で過ごす時間が長くなることで、自宅の換気への配慮も気になるところです。

「住宅と健康の関係」
換気性能の発揮に重要な「C値(隙間相当面積)」

住まい手の健康につながる住宅とは高断熱・高気密であるとともに、換気性能が十分発揮できていることが重要です。

寒い季節に暖かいこと、暑い季節に快適であることにつながる「断熱性能」を示すQ値/UA値はもちろん大切な基準ですが、健康と快適は理論値であるQ値/UA値だけでは担保できません。実質的な断熱性能を左右する気密性能の高さをしめすC値(隙間相当面積)にも着目すべきです。

例えば、第三種換気での換気口からの吸気はC値1以下でなければその効果は高まらないというデータもあります(図表1)。また、隙間(C値)が大きければ、風が強いときなどは隙間から花粉や砂ぼこり、病原体などが侵入し、あるいは換気システムの効果の低下で本来の断熱性能を発揮することができません(図表2)。

隙間が大きいことは住まい手の健康や快適を損なわせてしまう可能性が高まるのです。

HyAS View 2020年7月9日 木曜日 14:23

シリーズ眼を養う#036
R+house 住宅のデザインを探る

田辺 真明 様

田辺真明建築設計事務所

田辺 真明

計画地は、郊外の住宅地で建物の南側に庭をとるかたちの敷地が連続する南面配置の中にあった。

今回は、もともと1つの敷地を2つに分筆した上での計画であることから、建物の形状が南北に長くなることが考えられた。連続性が阻害されることで、隣地に及ぼす影響及び斜線制限を考慮し、隣接する部分及び、配置的に周囲より突出する部分の高さを抑え、下屋として計画した。

建主からの要望として、プライバシーの確保、及び上質な住空間の提案が求められたこと。また、南側は道路を挟んで住宅がたちならび、眺望を期待することができない周辺環境であったことから、外部とのつながりを空だけ残して遮断した中庭を設けることで、プライバシーの確保はもとより、住宅との比較の部分をつくり、あえて程よく不便さのある空間を連続させ、日常からの開放感と心地よさを得ようと試みた。また、趣味の写真を飾る場所として、日常の生活動線上に計画したかったこともあり、玄関からシューズクロークまでの間をあえて長くとった通り土間として計画した。一日の疲れを癒し、明日への活力を養う場所に帰る過程で、徐々にリラックスしていく上でも、効果的な場所と考えた。

HyAS View 2020年7月9日 木曜日 14:18

認知獲得の手段が変わった!
認知向上のための勝てるブランド・ネットワーク

ハイアス総研レポート(p.2-3)に続き、「新型コロナウイルスによる事業影響と今後に向けた対応策実施に関する調査」の結果を用いながら、vs大手という意識を持たねばならない競争時代に何をすべきかをお伝えします。

直近の市場動向
自粛要請の時期の 「集客減」 が顕著

昨年同時期と比べて、30%以上「集客」が減っているという回答が実に30%を超えました。マイナスとなったという回答の合計は実に73%でした。顧客接点の数が落ち込むなか、数少ない接点を起点にして商談、そして契約に持ち込むには(1)歩留まり向上、(2)顧客に知っていただき選ばれる機会を増やす、という2つしかありません。

HyAS View 2020年7月8日 水曜日 18:26

BACK

ページトップに戻る