「体感の見える化」で加速。戸建断熱リフォーム受注
~顧客の潜在的な断熱改修ニーズを「体感」で掘り起こす「ハウスINハウス」~

(ページ:2/2)

「体感」モデルハウスの可能性

消費者にとっては、決して安くはない投資であるリフォーム。それゆえ機能の回復や向上、美観の維持といった分かりやすい部分もさることながら、断熱リフォームがもたらす“ 効果” がより分かりやすくなれば投資判断もしやすくなると考えられます。

香川県高松市のH社では、勉強会セミナーにより、断熱性能の重要性を理解し、リフォームに向け熱くなったお客様の気持ちを逃さずキャッチするための受け皿の場所として、モデルハウスと実棟による現場見学会を活用し、検討者に「体感」をしていただくことで、成約までのスピードと確率を高めています。

断熱改修市場を広げる次の手は「健康」

今後ますます拡大の予測がされる断熱リフォーム市場において、潜在的なニーズを掘り起こすための情報提供方法としての「体感の見える化」のための『計測』と「体感」する場としての『モデルハウス』の活用のあり方を紹介してまいりました。

今後は、弊社の新築注文住宅事業である「R+house(アール・プラス・ハウス)」で慶應義塾大学と共同で行っている健康調査をリフォームにまで広げ、断熱性能がもらたす「健康効果」に注目して行っていこうと考えています。(馬渕)

35-6-235-6-3

【香川県高松市の「ハウスINハウス」モデルハウス】

↓ハウスINハウスのサービスページはこちら↓
ハウスINハウスサービスページへ

page: p1 p2

ページトップに戻る