次世代省エネ対応もクリアした高い商品力と事業推進ノウハウを提供する
戸建賃貸建設事業ウィルスタイルネットワーク

(ページ:2/2)

ウィルスタイルネットワークによる「戸建賃貸住宅」の商品優位性

次世代省エネ基準にも適合した高性能住宅、賃貸仲介市場での希少性も高い

戸建賃貸は主に大手ハウスメーカーなどが供給するアパート・マンションといった集合住宅に比べ、賃貸市場で流通している物件数の約3%程度(図表3)と、希少性の高さが特徴です。このように借り手の需要を捉える商品であるとともに、狭小地活用を切り口としているため大手ハウスメーカーなどと競合しない商品です。ウィルスタイルネットワークは戸建賃貸分野のパイオニアとして、全国No.1ブランドとして展開をしています。

『ウィルスタイル』は、全国的なヒット商品となった「ユニキューブ」をはじめとした4つの賃貸商品で構成されています。戸建タイプが2商品、メゾネットタイプが2商品(図表4)です。最も大きな特徴は、賃貸用でありながら、平成25年基準をクリアした高性能住宅であるということです。性能を高めるポイントは、すべての商品においてデコスドライ工法というセルロースファイバー断熱材が標準仕様となっています。デコスドライ工法は施工品質が高く、断熱欠損を起こしません。高品質な断熱性能の効果は、業界初の壁体内無結露20年保証を付けていることからもご理解いただけるはずです。さらに、高い断熱性能の他、吸音・防音効果が非常に高い断熱材であるため、入居者満足度も高く、長期入居が期待できる商品となっているのでオーナーのリスクとなる空室リスクの軽減にも効果が期待できます。最近の例では、デコス工法を応用した熊本震災対策の仮設住宅の居住者からは「他の仮設住宅とは暖かさが違う。元の自分の家より相当暖かい。」との言葉をいただいたほどです。

(図表4)

ユニキューブエコパティオ

No.1ネットワークである理由。
ビジネスモデルの価値は商品力だけではない

発掘手法から提案・営業・追客手法をノウハウが備わったネットワーク

ウィルスタイルネットワークがNo.1たる理由は11年に渡る事業の中で蓄積してきた膨大なノウハウを保有していることです。いくら戸建賃貸事業が参入すべき良い事業であったとしても、発掘手法や追客手法など事業推進ノウハウが分からなければなかなか成果には結びつきません。ネットワークでは折に触れて加盟店同士で成功事例をもとに、どのように地主を発掘してくるのか、案件追客の方法はどのようにするのか、といった細部に渡ってノウハウを共有します。こうした活動によって、これまでの展開における成功事例が大量にストックされており、事業を展開する際にもノウハウを引き出して参考にすることで、事業の成功確率をあげることに直結します。

さらに本号でも取り上げている「不動産相続の相談窓口」との連携、といった新たな事業チャンスの拡大可能性も高まっています。

No.1ネットワークとして、加盟店様の課題解決に直結する特別研修の開催なども随時開催をし、さらなる高みを目指し、不動産分野にもつよい建築会社、建築提案もできて自社で建築利益のとれる不動産会社というネットワークとしていきたいと思います。「競合不在の生き残り戦略セミナー」にご興味のある方は是非お問い合わせください。

(北島/矢部)
↓WILL STYLEのサービスページはこちら↓
WILL STYLEサービスページへ

page: p1 p2

ページトップに戻る