2020年の適合義務化基準を大きく上回るHEAT20G1,G2レベルの高性能住宅
『健康を考えた真の性能』で競合を圧倒する

(ページ:1/4)

得られつつある6つの知見。寒さと健康の関係が明らかに
~国交省・SWH調査報告から~

2018年1月25日、国土交通省から「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告(第2回)~スマートウェルネス住宅等推進事業の調査の実施状況について~」という調査報告が報道発表されました。発表された第2回中間報告の概要によれば、「(断熱改修を行った住宅の居住者への調査によって)得られたデータに基づき検証を行ったところ、住宅室内環境と血圧など健康関連事象との関連が確認された」とあります。

まとめられた「得られつつある知見」を列記すると、以下のようになります。

得られつつある知見

(1) 個人属性、生活習慣、室温から血圧を推計するモデルを作成。
  起床時の室温の低下による血圧上昇への影響は、高齢になるほど大きい。
(2) 室温の低い家に住む人ほど、起床時の血圧が高血圧となる確率が高い。
(3) 室温の低い家に住む人ほど、動脈硬化指数と心電図異常所見が有意に多い。
(4) 断熱改修後に起床時の血圧が有意に低下。
(5) 就寝前の室温が低いほど、夜間頻尿リスクが有意に高い。
(6) 断熱改修後に夜間頻尿回数が有意に減少。

調査対象: 平成28年度までに、断熱改修を予定する住宅について1,680軒、
      3,441人の改修前調査を実施するとともに、断熱改修を実施した
      住宅について403軒、676人の改修後調査を実施。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る