低価格・大量業務のリフォーム事業からの脱却
平均受注高1,000万円級のリフォーム事業「ハウスINハウス」で収益性アップ
〜「100 万円× 300 件」から「1,000 万円× 30 件」へ〜

(ページ:1/7)

リフォーム事業の 「現状」 を再確認する。

①「改装・改修」工事の1件あたりの平均受注高は131万円

国土交通省が実施する、元請けとして受注した建築物リフォーム・リニューアル工事に関する調査(調査対象。建設業許可業者5000者)「建築物リフォーム・リニューアル調査報告 平成29年度上半期受注分(概要)」によると、工事1件あたりの平均受注高は63万円、維持・修理(設備の入れ替えなどの機能・耐久性の向上を意図しない工事)を除いてもっとも多い改装・改修(機能・耐久性の向上を意図した工事)の平均受注高は131万円という結果が示されています(図表1)。

図表1

page: p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7

ページトップに戻る