膨大な潜在客の囲い込みと顕在客化ノウハウ - 相続相談で潜在客の発掘 -

(ページ:1/3)

他社と重ならない 「潜在客の発掘」 相続相談を武器にして

「不動産相続の相談窓口」ネットワークは、今すぐ建て替えや売却をしたいと考えているわけではない潜在的な層に対して相続相談に乗ることで信頼を獲得します。相談の結果、建て替えや売却を今したい(=顕在客)となった時、他社とは競合せずにその建築や不動産取引の利益を得られるためのノウハウを習得することができます。

相続市場は全国各地で今後有望で巨大な潜在市場です(図表1)。

不動産を持たれている世帯の多くは相続相談を誰にして良いかわからないという不安を持っています。しかも相続が発生するタイミングは予測できません。だからこそ地域で「相続のことで困ったらまずあの会社に」という存在が必要です。そういう存在になるためには相続相談のノウハウと看板(ブランド)が必要といえるでしょう。

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る