建設・不動産会社がこれから持つべき「土地活用提案手法」

(ページ:3/3)

(2)「もめない相続」対策にもなる Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE

WILL STYLEはアパートなどを建てにくい狭小敷地にも建設が可能な賃貸用住宅というメリットを持っていました。

日本の家計の資産は金融資産というよりは不動産資産が多いのですが、不動産しか資産がない場合の方が、家族間の揉め事が起きやすいのです。それは土地という資産は「分けにくい」からです。仮にそこにアパートを建ててしまえば、ますます「分けにくい」資産となってしまいます。これまでWILL STYLE が提案してきたのは戸建タイプである利点を生かして、万が一土地や建物を現物のまま分けることになった際にも柔軟な対応が可能になるというメリットです。

このメリットは住宅から宿泊施設に「建物の使い方」を変えても変わりません。

続々オープンするRakuten STAY HOUSE x WILL STYLE

 
(矢部)

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る