認知獲得の手段が変わった!
認知向上のための勝てるブランド・ネットワーク

(ページ:3/3)

ブランド形成の第一歩。
認知度を高める重要性が増す

情報発信力を強化することを考えた時、SNSでの発信は、比較的簡単でかつ安価(に見える)ことから取り組まれる会社も多いと思います。

しかし、SNSで個別に発信する際、求めるターゲットに表示される確率を上げるためには、出稿間隔に数週間の隙間を作らない、一定量以上の反応を獲得し続けるなど「大量に出し続ける」ことが求められます。vs大手を考えたとき、SNSでの発信は物量戦で相手を上回ることが難しい作戦なのです。

R+house ネットワークの 「ブランド施策」

図表3はネットワーク加盟企業向けに配信した情報の一部ですが、ネットワーク本部による「束ねた販促」を着実に進行させていることで、vs大手でみたときも「リーチ(到達)力」において遜色ない状況がお分かりいただけると思います。

ハッシュタグとは、「#(ハッシュマーク)」を入れたキーワードのこと。この ハッシュタグは、SNSの投稿の“タグ(目印)” として、特定のキーワードを付与することで投稿が同じキーワードで瞬時に検索されたり、趣味・関心の似たユーザー同士の話題共有を促す効果があります。

(矢部)

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る