2011年8月

日本国債は日本人が買っているから大丈夫ってホント?

新総理が誕生しますね。
経済にもしっかり手を付けていただきたいものですが・・・。

■借金したっていい?資産があれば!

先週末に自民党の麻生太郎元総理がテレビ番組に出演されていました。
自民党政権時代に借金を積み上げたことを問われ、このように答えていました。

『日本の国債残高が当時およそ450兆円。今やおよそ900兆円になった。経済危機だ!となって日本国債の格付けは格下げになった。つまり信用がなくなったわけだ。じゃ~国債金利は上がったか?むしろ長期金利は下がった。当時の金利は
2.3%くらいだったのが、今や1%だ。危機だ!危機だ!とあおっているのは簿記がわかっていない人、マクロ経済がわかっていない人だ。』(要約)

麻生元総理がおっしゃっているのはどういうことかというと、 (さらに…)

2011年8月30日 火曜日 16:44 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

国民年金、未納率40.7%!

今回は国民年金についてです。
国民年金保険料を払っていない人が増えているようですね。

■国民年金未納率40.7%!

<国民年金保険料 未納率40.7% 過去最悪を更新>(毎日新聞2011年7月14日付)
『厚生労働省は13日、2010年度の国民年金保険料の未納率が40.7%となり、過去最悪を更新したと発表した。 2年連続で4割を超え、5年連続の悪化となった。要因として、比較的未納率が低い55~59歳の加入者割合の減少や、所得が低く、保険料(月額15,100円)負担が難しい非正規雇用労働者の増加などを挙げている。 未納率を年代別にみると、25~29歳が「53.4%」で最も高く、20~24歳も「50.8%」と5割を超えた。 30歳以上は年代が上がるにつれて低くなり、55~59歳は「27.4%」。ただし、各年齢層ともほぼ毎年悪化している。』

国民年金保険料を払わない人が年々増えているようです。
パート労働者や自営業者らが加入する国民年金の保険料未納率は1992年には14.3%(納付率86.7%)だったのが、10年後の2002年には37.2%まで増えました。その後も増え続け2010年度は40.7%になり、過去最悪水準を更新したとのことです。

厚生労働省によると、保険料を2年以上一度も払っていない未納者はおよそ330万人いるそうです。これは厚生年金のサラリーマンを含めた公的年金の加入対象者全体でみると約5%と少数ですが、無年金や低年金の人が増えていくのは社会全体でみて困ったことには違いありません。

■国民年金って払わなくてもいいの?

(さらに…)

2011年8月16日 火曜日 16:01 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

円高は続くよ、どこまでも・・・

今回は、またまたこの話題、「円高」です。
先日、金融機関や商社に勤務する友人たちと会いました。
その時の話の結論は「この円高は当分続くのではないか?」ということでしたが・・・・さて。

■円高、それは売れてないのに値上げしているようなもの

またまた円が上がっています。
アメリカの債務上限法案をめぐり、アメリカ国債の格下げ懸念も膨らんでドルが売られ、円が買われました。昨夜、一時、戦後最高値の1ドル76円25銭を伺う、76円29銭まで行きましたね。

「自国通貨が強くなるのはいいことだ!」という声は必ずあります。でもそれは景気がいい時の話。景気が良くて、企業収益が上がって、国民の所得も増えているときには円高でもいいんです。景気が良い時に怖いのはインフレですが、円高はインフレも抑えてくれますからね。

でも今の日本は不景気です。さらなる円高はデフレ基調を強めますし、企業の国際競争力を弱め、ますます景気を悪化させます。
円高とは、つまるところ国際的にみて、日本のモノやサービスの値上げを意味します。中国や韓国が経済的に強い一因は明らかに自国通貨安です。元もウォンもどんどん安くなっています。つまりモノやサービスがバーゲンセールの状態です。(そりゃテレビに韓流もあふれますよね)ドルもユーロも元もウォンも皆安い。円だけが高い。これでは勝てるわけがありません。

■円高は当分続く?その2つの理由とは?

でもこの円高は当分続くだろうというのが私の友人たちの結論でした。
2つの理由があります。 (さらに…)

2011年8月2日 火曜日 16:33 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る