2014年12月

2014年は申し訳ないくらい残念な一年でした…

メリークリスマス!
いよいよ年の瀬ですね。今回は今年2014年を振り返ってみたいと思います。

■一年前にみていた2014年とは?

ちょうど一年前のこのコラムで「2014年はこんな感じの経済になるのでは?」としてざっくりとした展望を書きました。

<2014年の経済はどうなるか? ~2013年の振り返りとちょっと早い2014年の展望~>
(2013年12月24日 ハッピーリッチ・アカデミー182号)

『(前略)2014年4月には消費税が上がります。その反動で、2014年度の第2四半期、4月~6月は間違いなく消費は落ち込み、経済はマイナス成長するでしょう。
だから金融緩和は止められない。それどころか市場では、「日銀は今以上に追加の緩和に動くのではないか?」という見方もあるくらいです。
一方、米国では景気回復が順調で金融緩和縮小への市場の理解も進んでいます。この方針の下ではっきり言えるのは「日米金利差はますます広がる」ということ。金利差が大きくなれば、ドル高円安基調はさらに加速します。
(中略)円安になると株価が上昇しやすくなるので日経平均株価もそれなりに動いていくと思います。少なくとも、消費税反動減の状況がはっきりする上半期中は、今の円安ドル高と株高。そして低金利は続くでしょうね。(中略)状況次第では下半期くらいに1ドル=120円くらいになっているかもしれませんね(ちょっと言い過ぎ?)。
企業業績がよくなって、投資や在庫積み増しが本格化して、給与水準が上昇していくかどうか。来年、特に上半期はそういうことを見極める時期になりそうです。』

まあ、今年は官制相場でしたから誰にでもわかる展望でしたが、ほぼその通りになりましたね。
株価は一年を通じて上がり続けて、12月には1万8千円を超えました。
アメリカが緩やかに金融緩和を終えていく一方で日本は10月末にもう一段の金融緩和をしました。お蔭でさらに日米金利差が開き、円安ドル高はさらに加速しました。一年前は1ドル=104円くらいだったのが12月には122円を超えました。一年前にはさすがに誰も120円台になるとまでは思っていなかったと思います。「120円になったらさすがに日本経済が持たない」と言われていましたからね。(そうなってしまいましたが)。

(さらに…)

2014年12月24日 水曜日 18:08 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

個人金融資産の8割を保有する高齢世帯のサイフの紐を緩めるには?

今回はシニア世帯の消費についてです。

■シニア世代の「余剰貯蓄」をどう消費に回すか?

景気停滞の要因のひとつとして「消費が増えない」ことがあります。今、日本の個人金融資産は約1,600兆円あると言われています。この1,600兆円の1%が消費に回って市場に出てくるだけで16兆円です。安倍政権が昨年行った経済対策費約10兆円を軽く上回ります。

この個人金融資産は誰が保有しているでしょう?
総務省統計局の家計調査によりますと、個人金融資産のおよそ8割は50代以上の世帯が保有しています。

現在、年金を主たる生計としている世帯の純貯蓄額の平均は2,143万円だそうです。この金額は年間の平均貯蓄取り崩し額(約63万円)の約34年分にもなりますから、すでに高齢世帯は平均的にみると、余生を送るのに十分な貯蓄水準を確保していると言えます。
また、旭化成ホームズの2013年の調査では、相続時の保有財産の平均額は4,743万円だそうです。
(土地建物などの不動産の平均相続額が約3,000万円、現預金の平均相続額は約1,700万円、合計で 相続財産の平均が約4,700万円)
金融資産だけでも約1,700万円をお墓に持っていく計算ですね。

一方、30代~40代の現役給与世代はローンや教育費用がかさむ世代であり、金融資産はわずかしかありません。現役世代は今も所得のほとんどを消費に回しているのですから、この世代の消費マインドをいくら刺激しても劇的に消費が増えることはありません。

つまり、景気を良くするために消費を増やしたいなら「シニア世代の消費マインドを掘り起こす」しかないわけです。

(さらに…)

2014年12月9日 火曜日 18:59 投稿者:HyAS&Co.川瀬太志

ページトップに戻る