変革時代の不動産ビジネスで生き残る将来ビジョンとスキル /3号 2009/10

(ページ:1/2)

空室時代を生き残るスキルはあるか

リーマンショック以降の景気の低迷で顕在化した入居率の低下は、長期的には人口減少社会が根底にあります。賃貸ビジネスの家主有利から借手有利への変革が加速しています。家主から求められるのは、空室を埋める力です。入居希望者に物件を見せるだけでは他社に圧倒する入居率は実現できません。入居希望者にニーズを捉えた的確な提案をする力と、家主に入居率向上のためのリフォームや建替えの提案をする力が必要なのです。

page: p1 p2

ページトップに戻る