CMS(コスト・マネジメント・システム)活用による 収益性改善事例
〜原価管理レベルを高め粗利率改善!経営力向上ツールのご紹介〜

(ページ:1/3)

「出来ている」を可視化する重要性

工務店A社は地域密着工務店として、ここ数年年間10棟程度を着実にお引き渡ししています。粗利率は25%程度出ているという認識をお持ちの一方で、自社の原価が適正であるかという疑問を持っていました。また2017年消費税10%に向けた駆け込みとその後の冷え込み、2020年省エネ義務化、世帯数の減少と市場が大きく変化していく中、今までのような原価管理精度・工務体質で勝ち残っていけるのか漠然とした不安を持っていました。そこで、比較的市場環境がいい今のタイミングで自社の原価管理精度・工務体質を見直すということでCMS(コスト・マネジメント・システム 以下CMS)を導入されました。

CMSではご導入後の第1回目の研修前に自社のこれまでの施工物件を案件毎・工種毎に営業段階の見積り原価、実行予算、工事原価を入力し、原価構造の現状を「見える化」することから始めていただきます。A社でも早速取り組んでいただきました。その結果が図表1です。

38-4-1

入力をしてみてまず浮かび上がったのは、全棟平均の最終粗利は感覚値と近い25%程度を確保出来ていましたが、物件ごとにみると、契約時(見積)、実行予算・工事原価の乖離(かいり)があること、そして物件ごとにその乖離の程度が違うということでした。出来ていると思っていたのは1年を通しての結果であり、物件ごとには課題があるという気付きをえることが出来ました。

page: p1 p2 p3

ページトップに戻る