シリーズ調査を読む#008
持ち家長期継続居住者の住宅需要に関する意識調査

(ページ:1/4)

平成27年3月 株式会社長谷工総研、一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団より
~50歳以上の20年以上継続居住者へのアンケート調査~

世の中には様々な団体や組織によって市場動向の調査リリースが行われています。この企画は溢れる様々な市場調査から「HyAS View」読者の皆様にとって関心の高い、あるいは有益と思われる調査結果から参考となるトピックの紹介・解説、事業運営の参考となる情報提供ができればと考えています。

はじめに

この調査の目的には、少子化や高齢化の進展による人口・世帯減少から生じる空き家増加といった事態に対する数量的バランスをとる必要性に加え、同じく少子化や高齢化の進展により需要が高まる介護支援や子育て支援を組み込んだ住まいの提案が求められるなど、住まいの質的な充足という二つのベクトルが同時に作用しています。このように、ある意味で、複雑な課題を抱える住宅市場において、例えば住宅ローンを完済(あるいはそのめどが立った)した世帯や、居住中の住まいの経年劣化や老朽化問題を抱える世帯など、住宅への期待や必要性における過渡期を迎える世帯の意識を調べることで、今後の複雑な住宅市場における需要を探ること、とあります。

長谷工総研さまでは、本調査をホームページ等でダイジェスト版のみ公開していますが、今回、ご厚意により調査結果をいただくことができました。長谷工総研さまには感謝いたします。今回は、HyAS Viewの読者にむけ、今後の市場動向の参考になると思われる部分を戸建ての結果を中心ピックアップしてお届けいたします。どうぞお読みください。

なお、調査の概略は、手法はインターネット調査、対象は1都3県の50歳から79歳男女、条件として持ち家(マンション、戸建て)に20年以上居住する者、となっています。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る