CMS(コスト・マネジメント・システム)を活用した収益性改善
~もう差はつき始めた!CMS会員合同研修で報告された工事原価適正化のポイント~

(ページ:1/4)

CMSによる原価管理とは?

住宅市場を取り巻く環境変化は工事の件数や一工事あたりの請負規模で見ても楽観できる見通しはありません。しかしそうした中で生き残り、さらに収益向上を実現するために、原価管理の重要性はますます高まります。そのためには、段階ごとの原価確認を日常業務に定着させ、繰り返し見直すという基本の着実な実施しかないと考えています。そのためには、

(1)自社の予実状況の見える化(現状の把握)

予実状況(工種ごとの見積原価、実行予算、工事原価)を見える化します。

(2)適正原価の把握(標準原価の設定)

各項目ごとに自社の適正原価を把握し標準原価として設定するとともに、環境変化を考慮し定期的に見直します。

(3)ギャップ要因の把握と解消

適正原価との実際の自社原価の差異を分析し、差の大きな項目を特定します。そして、その要因について各工事業者と話し合うことで適正化を図ります。これは単なるコストダウンではなく、適正な人工数・単価を設定し下請業者を含め業務効率化、つまり生産性向上を図るための取り組みです。

(4)発注及び原価管理の徹底

設定した標準(適正)原価を基に、着工前の見積や実行予算の作成、発注等の各段階での予実管理を適時・適正に実施できる状態を作ります。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る