元事務員が今やトップセールスマン! /4号 2009/12

(ページ:1/4)

お客さまからの信頼を勝ち取る「インフォームドコンセント」の実践

はじめに

2009年11月25日、第3回ハイアークラブ全国大会を目黒雅叙園にて開催させていただきました。今回のテーマは「変革時代の不動産ビジネスで生き残る将来ビジョンとスキル」ということで、ハイアープロを活用したインフォームドコンセントの実践事例や民主党が今後の環境政策のモデルにしているドイツの環境政策における住宅市場の動向、そして、日本国内でも需要が増えているリフォーム事業において、デザインリフォームによる入居率アップの戦略など、今後の住宅不動産業界を生き残るためのヒントを掴んでいただけるような内容でした。

その中で、ハイアープロ(財産相談に関するリスクシミュレーションシステム)を有効にご活用いただき今回プラチナアドバイザー大賞を受賞されました山信不動産様の活動事例をご紹介いたします。

元事務員が今やトップ営業マン!

山信不動産様は、神奈川県相模原市に本社がある、開発宅地分譲および戸建分譲、不動産仲介、賃貸管理など不動産業務全般を行っておられます。その中でも特に新規オーナー開拓の場面でハイアープロを活用されることが多いのですが、最も成果をあげておられるのが、元々は事務員で入社し営業へ転向した遠藤さんという女性社員です。

元事務員が今やトップセールスマン!遠藤さんはこれまで全く営業をしたことがありませんでしたが、いきなり地主営業を任されることになり、とにかくオーナー様宅へ足繁く通いました。そして、どんな些細な情報でも、それを拾い上げてはその情報をもとにシミュレーションを行うという業務を繰り返しました。
そんなある日、土地の売却を依頼されたオーナー様とのやり取りの中でこんなことがありました。

page: p1 p2 p3 p4

ページトップに戻る