第1回リライフクラブ全国大会(特別講演より抜粋)

(ページ:1/2)

特別講演(1) ドイツの環境先進住宅モデル

環境ジャーナリスト 村上敦氏

 講師の村上氏はドイツで環境首都と呼ばれ、環境分野で先行した取り組みを行っている都市フライブルクに在住される環境ジャーナリストです。日本でのゼネコン勤務で環境問題を意識し、1997年フライブルクへ留学。フライブルク地方市役所・建設局に勤務の後、フリーライターとしてドイツの環境施策を日本に情報発信されています。
 今回の特別講演では、ストックとして価値のある住宅とはどのようなものなのか、ドイツの事例を参考にしながら、今後目指す方向性を伺いました。

 省エネ時代に重要なことは、まず環境性能です。ドイツでは国が計画的に性能基準を設定しています。
 具体的にはそれぞれの住宅において、暖房などにかかるエネルギーの燃費量を省エネ政令という形で排出量を規定し、使用されるエネルギー量に制限をかけています。

 1984年に施行された時点の基準義務値は1軒あたり燃費20~30㍑という値でしたが、数年ごとに段階を踏みながら、2012年の政令改正ではその約10分の1、わずか3㍑にまで厳格化されます。これは化石・原子力エネルギーをほぼ必要としないで快適な居住空間の冷暖房費が賄えるレベルであり、この基準を満たせない新築住宅を建てることは法的に許されない、ということです。イギリスやデンマークなど他のEU加盟国でも、2012~2015年頃を目処にこのレベルが義務化される予定です。

 日本ではまだここまで厳格な規定はありませんが、近い将来導入される方向にあることは間違いありません。EU加盟国ほど厳格ではなくても、例えば現在の長期優良住宅に近い性能基準が義務化される時期は遠くないのではないでしょうか。

page: p1 p2

ページトップに戻る