家価値60年サポートサービス紹介

住宅会社様向け
全国270社が活用するアフターサポートネットワーク 大手企業との競争力を高め、顧客満足度を高め続ける! 家価値60年サポート
家価値60年サポートとは
家価値60年サポートは、新築時に住宅を提供してから60年間、顧客の安心した住生活をサポートするためのアフターサポートの仕組みです。地域の住宅会社にとって弱点となっているアフターサポート分野において、高品質なサービスを安定的に提供し続けることを可能にし、大手企業との競争力を維持します。
定期点検や住宅履歴管理・お客様対応窓口など、アフターサポートに必要な機能の代行機能を兼ね備えつつ、住宅会社の倒産リスクを回避することで、売上の拡大や業務の効率化を実現します。

詳しい情報はセミナーで
お伝えしています

大手企業との競合負けの要因は?

お客様は快適な住生活を求めています。そのため、新築住宅を建てる時には断熱性や気密性、耐震性などの性能に興味関心を持って、自分の価値観にあった住宅会社選びをするお客様が多い傾向にあります。地域の住宅会社は大手企業と比較するとこの性能に強みを持った企業が多い一方、建てた後のフォローが弱みになりがちです。なぜなら、大手企業と比較すると資本も人的リソースも限られてしまっているためです。
「アフターサポートが整っていれば御社で建てたのに・・・残念ですが、私は大手の◯○ハウスで建てますね」という話をお客様から頂く方も多いのではないでしょうか?
性能の良い住宅を提供できるのに競合負けしてしまうことがないような仕組みづくりをしなければいけません。

将来的に発生するリフォームやメンテナンスの売上とは?

一般的に、新築引き渡し後1つの物件から30年間で発生するリフォームやメンテナンスの売上は800〜1,000万円と言われています。(材料や規模によってばらつきあり)
ただ、各住宅会社で振り返ってみると、30年後に1組から800万円の売上が上がっているかというと、10%〜20%程度しか売上がないという会社が多くいます。
それはなぜか。適切なタイミングや頻度で顧客接点を持てていないためです。適切に顧客接点を持つことができてれば、お客様も快適な暮らしを続けることができ、住宅会社も適切な売上を確保することができるはずですが、多くの会社が実現できていません。これも、人的リソースの問題です。採用や教育に時間を割いても辞めてしまう、そのようなことがあっても、変わらずに適切なアフターサポートをし続けられる仕組みづくりが必要です。

詳しい情報はセミナーで
お伝えしています

大手企業との競争力を維持し、適切に売上を確保していく仕組み 『家価値60年サポート』

「さらなる長期的なサポート体制の確立」でリフォームなど二次的な商機の拡大や対大手の競争優位を実現する必要があると判断し、サポートサービスの内容を一層充実させた住宅事業者向けのアフター サポートの仕組みとして「家価値60年サポート」をリリースしました。

家価値60年サポートの活用により、住宅事業者にとっては顧客との接触機会を確保することが可能になり、新築やリフォームの受注活動に注力することができるようになります。また、顧客にとっては、引渡し時に提供される長期修繕計画に基づいて60年間サポートしてもらうことができるため、安心した暮らしと資産価値の保全が可能になります。さらに、新築を請け負った住宅事業者が何らかの理由で引き渡し後のサポートを続けられない場合でも、「家価値60年サポート」のサービスが当初の住宅事業者に代わってアフターサービス全体を引き継いで実施する仕組みも整えています。つまり住宅事業者・顧客の双方にとって安心です。

この「家価値60年サポート」サービスを通して、多くの住宅事業者が抱える「人的資源の不足」という大きな課題を解消するだけでなく、顧客満足度の向上を起点に将来の売上の拡大の可能性を高める、住宅事業者の経営品質の向上にとっても必要な戦略導入といえます。
住宅購入者がより便利で快適、安心な暮らしをしていくために、引き続き様々なサービスの提供を予定しています。

家価値60年サポートのサービス一覧

大切なおうちを守るために

  • 長期修繕(メンテナンス)
    計画作成サービス

    お引き渡しする住宅の長期修繕(メンテナンス)計画を作成します。

  • 住宅履歴管理・報告

    新築時の設計図書や、定期点検報告書、保証書など、住宅に関する情報を一元管理できます。

  • 定期点検・報告

    60年間にわたって第三者機関が定期点検・報告を実施いたします。

  • 防蟻工事 & 防蟻保証

    住まいの大敵であるシロアリからお住まいを守るために行う工事と保証サービスです。

万が一のときのセーフティネット

  • 住宅会社倒産時の
    サポート継続サービス

    住宅会社が倒産しても第三者機関が住宅会社に代わり60年間サポートするサービスです。

万が一のことがあっても安心!

  • 24時間365日
    サポートデスク

    住宅会社が倒産しても第三者機関が住宅会社に代わり60年間サポートするサービスです。

  • 設備フリーメンテナンス
    (設備延長保証)

    対象設備機器の保証対象となる故障・不具合を修理・交換等するサービスが10年間何度でも無料で受けられます。

  • 緊急対応サービス

    水漏れなどのトラブル時に緊急で対応してもらえるサービスです。

特典満載!!お得なサービス

  • おうちポイント

    リフォームやメンテナンスなど家の様々なことに活用できる電子マネーサービスです。

  • お得な情報配信

    お得な特典情報・ 暮らしに役立つ情報配信、メール配信&マイページでバックナンバー閲覧可

  • 福利厚生サービス

    レストランやアミューズメント施設などの割引が受けられる福利厚生サービスです。

詳しい情報はセミナーで
お伝えしています

関連情報・トピックス

2018/11/13
[HyAS&Co.Blog]

2030年、認知症患者が830万人、凍結預金が215兆円に。そのと...

2018/11/07
[プレス記事]

【民泊大学】ファイナンス支援で施設開発を促進 民泊国内大...

2018/11/07
[プレス記事]

【新建ハウジング〈DIGITAL〉】楽天、昭和リースと宿泊施設開...

2018/11/07
[プレス記事]

【MINPAKU.Biz】昭和リースが楽天LIFULL STAYと業務提携。宿...

2018/11/07
[プレス記事]

【R.E.port】住宅購入、比較検討時に重視するのは「立地」

2018/10/30
[HyAS&Co.Blog]

10%への消費増税、2019年10月に実施決定

2018/10/16
[HyAS&Co.Blog]

赤字決算の吉野家にみるサービス業の行く末とは?

2018/10/02
[HyAS&Co.Blog]

アジアのサッカー熱の高まりがJリーグにもたらすものはなにか

2018/09/20
[プレス記事]

【週刊全国賃貸住宅新聞】空き家問題トップは「自宅から遠い」

2018/09/20
[プレス記事]

【リフォーム産業新聞】木のすまい工房非破壊の断熱リフォーム

2018/09/19
[プレス記事]

【住宅新報】楽天LS、提携着々と 仲介サイト、運用代行の両面で

2018/09/19
[プレス記事]

【ハウジングトリビューン】民泊新法、いよいよスタート...

2018/09/19
[プレス記事]

【新建ハウジング〈DIGITAL〉】ハイアス、ロジックとの合弁会...

2018/09/18
[HyAS&Co.Blog]

稼ぎ頭事業が交代した企業はどのように事業構造を転換させたのか

2018/09/06
[HyAS View]

シリーズ眼を養う#025R+house 住宅のデザインを探る

ページトップに戻る