日刊木材新聞-平成26年5月14日(水)

住宅不動産価値保全協会設立 土地と建物を一体評価

住宅不動産の資産価値について、土地と建物の価値を一体として捉え、真の住宅資産価値を保全することを目的に、一般社団法人として住宅不動産価値保全協会が6月1日付で設立されることになった。

この団体は土地の価値(地盤、ロケーション、地域緑化などの観点)と建物の価値(家歴、断熱、構造などの観点)を一体的に捉え、住宅不動産の資産価値を保全する。消費者に分かりにくい地盤の安全性を担保することで住宅不動産の価値を高める。

消費者だけでは取り組みにくい住宅履歴の蓄積・活用を支援し、住宅不動産価値の可視化に貢献する。地盤については土壌汚染、環境汚染に配慮した地盤改良の趣旨に賛同する住宅会社に「地盤エコマーク」を付与し、個人住宅の資産価値を大切にする住宅会社として選ばれるよう推奨する。脱土壌汚染地盤には改良工事の有無にかかわらず期間20年間、保証金額5000万円の地盤保障も提供する。

事務局はハイアス・アンド・カンパニーが担当する。

140514日刊木材新聞

2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る