日刊木材新聞-平成27年1月23日(金)

R+ハウス向けにエスクローサービス ハイアス・アンド・カンパニー

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都、濱村聖一社長)は、エスクロー・エージント・ジャパン(EAJ、東京都、本間英明社長)と提携し、EAJが提供するR+ハウス専用エスクロー型つなぎ融資(建物完成・引き渡しサービス付)を販売する。

ハイアスが運営するR+ハウスネットワークは、全国で160社を超える住宅会社と全国展開を行っており、年間受注棟数は15年度に2000棟を目標にしている。

このサービスはR+ハウスの独自の短工期設計施工技術と工務店の経営改善実績が評価され、ネットワーク全体で受注拡大を目指すなかで工務店の資金繰り改善、完成保証サービスの付与などで差別化を図り、ネットワークとしての競争力向上を目的に開発された。

サービスはエスクロー型つなぎ融資として専用口座に直接、融資を実行する。建物完成・引き渡しサービスでは、R+ハウスの建築中に万一、住宅会社が倒産した場合、バックアップビルダーが建物の工事を引き継ぎ、発生した増祟費用はEAJが負担する仕組み。

150123日刊木材新聞
2018/04/13
住宅
2018/04/13
2018/04/13
住宅
2018/04/13
2018/04/13
2018/03/20
2018/03/20
2018/03/20
2018/03/20
2018/02/01
2018/02/01
2018/01/16
住宅
2018/01/16
2018/01/16
住宅
2018/01/16

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る