週刊住宅新聞-平成27年4月13日(月)

独自資格に等級導入 ハイアスが住宅FPで

ハイアス・アンド・カンパニー(濱村聖一社長=写真右)は、住宅購入希望者へのFPアプローチ手法研修講座を修了し、住宅FPサービスを提供する住宅・不動産会社会員組織「リライフクラブ」に新たな等級資格制度「FPマスター」を導入した。

研修講座終了後に筆記試験に合格するとマスター3級になり、その中から認定条件を満たすと2級、1級になる。最も優れたマスター1級所持者をグランドマスターに選考する。

7日に開催したリライフクラブ全国大会では、グローイングの太田康之社長=写真左=を初代の最高位「グランドマスター」に選んだ。

08年に発足したリライフクラブは、14年度末の会員数は約400社。今後の予想される新築住宅市場の縮小と大手寡占化を見越し、「業界で一目置かれる資格制度、消費者から選ばれる住宅アドバイザーの育成」を目的にしている。

150413週刊住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/26
住宅
2019/06/25
不動産
住宅
2019/06/25
住宅
2019/06/24
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/20
不動産
住宅
2019/06/10
住宅
2019/04/25
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
不動産
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/10
住宅
2019/04/09
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る