新建ハウジング-平成27年8月10日(月)

ハウスINハウス
キーワードは「1.5回目の新築」 戸建て断熱リフォームを推進

戸建て断熱リフォームネットワークのハウスINハウスは7月24日、東京都内での初の全国大会を開催した。

同ネットワークはハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区、濱村聖一社長)とアンビエントホームネットワーク(同、藤本修社長)との事業提携により2014年6月に37社でスタート。現在の加盟数は69社・82エリアで、モデルハウス5拠点、ショールーム4拠点がある。

工務店・アンビエントホーム(香川県高松市)の経営者でもある藤本修社長は「温暖な高松市でさえ平均受注額800万円弱の工事がとれるうえ、住まい手の役に立てるのが『断熱リフォーム』。いま挑戦すれば地域一番になれるチャンスがある。『1.5回目の新築』というキーワードで展開したい」と話した。

2017年5月~2018年4月末の目標は受注2000件、売上130億円。冬期に向け全国一斉イベントなどを予定する。

150810housing
2018/11/07
住宅
2018/11/07
住宅
2018/11/07
住宅
2018/11/07
住宅
2018/09/20
不動産
住宅
2018/09/20
住宅
2018/09/19
住宅
2018/09/19
住宅
2018/09/19
住宅
2018/08/23
不動産
2018/08/23
住宅
2018/08/23
住宅
2018/08/23
住宅
2018/07/31
住宅
2018/07/25
住宅

以前のプレス記事はこちらから

ページトップに戻る